就職・公認心理師について

国家資格「公認⼼理師」に対する本学⼼理学部の対応

2017年9⽉に公認⼼理師法が施⾏されました。これによって、臨床⼼理などの対⼈援助に関係する専⾨職として活躍するには、国家資格である「公認⼼理師」の資格が求められる時代がはじまりました。

この資格は、最終的には国家試験を受験して合格することにより得られますが、⼼理学全般に関する決められた教育を受けていないと国家試験を受けることができません。その受験資格を得るには、まず、⼤学で基礎⼼理学から応⽤⼼理学までの広い分野を学び、その上で、さらに⼤学院に進学して専⾨的な教育訓練を受けることが必要となります。ただし、⼤学院に進学しなくても、指定された機関で実務経験を積むことで受験資格が得られることになっています。しかし、今のところこのような機関はわずかしかありません。

駿河台⼤学⼼理学部は、この中の大学での教育に対応したカリキュラムを備えており、国が指定した科目のすべてがカリキュラムに含められています。さらに、本学大学院の心理学研究科臨床心理学専攻は、公認心理師試験の受験資格が得られるカリキュラムとなっています。したがって、本学で必要な科目をすべて履修し、さらに本学大学院を修了することで受験資格がえられることになります。

しかし、いくら公認心理師の資格を取得しても、自分が公認心理師として働きたい分野の知識を持っていなければ意味がありません。そこで、本学のカリキュラムは、公認心理師の受験資格を得ることと自分の興味・関心のある勉強をすることが両⽴できるように工夫がされています。これにより、⼦どもの心理コース、臨床の心理コース、犯罪の心理コースのうちのいずれを選んでも、公認⼼理師の受験要件を満たすことができるだけでなく、複数のコースの科目を履修することもできます。

本学⼼理学部は、公認⼼理師の受験資格を得る上で必要な幅広い⼼理学教育を⾏っています。そのことを具体的に⽰すため、本学⼼理学部の教員の加⼊している⼼理学会等のリストを掲⽰しておきます。

所属学会リスト

<基礎⼼理学・⼀般⼼理学関係>

⽇本⼼理学会、基礎⼼理学会、⾏動計量学会、認知⼼理学会、視覚学会、ARVO(海外の視覚系の学会)、VSS(海外の視覚系の学会)

<臨床⼼理学関係>

⼼理臨床学会、臨床⼼理学会、精神神経学会、精神病理学会、病跡学会、カウンセリング学会、健康⼼理学会、学校保健学会、⾃律訓練学会、マインドフルネス学会、交流分析学会、ロールシャッハ学会、国際ロールシャッハおよび投映法学会、芸術療法学会、音楽療法学会、統合医療学会、音楽医療研究会、産業精神保健学会、産業カウンセリング学会

<犯罪心理学関係>

犯罪⼼理学会、法と⼼理学会、矯正医学会、矯正教育学会、司法福祉学会、更⽣保護学会、犯罪社会学会、アルコール関連問題学会

<それ以外の応⽤⼼理学関係>

教育⼼理学会、発達⼼理学会、社会⼼理学会、応⽤⼼理学会、パーソナリティ⼼理学会、⻘年⼼理学会、⼦育て学会、キャリア教育学会、環境⼼理学会、⼈間-環境学会、ポジティブサイコロジー学会、人間性心理学会、学校心理学会

*⽇本⼼理学会以外は、各学会の頭についている「⽇本」を省略しています。基礎から応⽤までの広い範囲の様々な⼼理学を学ぶことができることを理解していただけると思います。すべての教員が公認⼼理師資格にチャレンジする学⽣を全⼒でサポートします。

駿河台大学心理学部は、公認心理師を目指す学生諸君を大いに歓迎します。



TOP