学部長メッセージ

心理学を学ぶということ

心理学部長 岩熊 史朗

岩熊 史朗

私が大学に入学したころ、日本の大学には「心理学部」というものはありませんでした。文学部の中に「心理学科」があったり、文学部の哲学科の中に「心理学専攻」があるだけでした。また、心理学を専攻する学生の数も今とは比べものにならないほどわずかでした。その頃、大学に入って心理学を勉強したいと両親に相談すると、就職できないという理由で反対されることもありました。心理学は、当時、社会で役立つものとはあまり考えられていなかったからです。その後、日本の社会でもカウンセラーや臨床心理士が活躍するようになり、その存在が広く知られるようになりました。それとともに、心理学を勉強したいという人も増えて、大学に心理学部が作られるようになりました。

最近は、心理学部を志望する受験生に「なぜ、心理学部を志望するのですか」という質問をすると、「人の役に立つ仕事がしたいからです」という答えが返ってくることも少なくありません。このように、心理学も社会に役立つ学問として広く認められるようになりました。

皆さんにとっては、心理学を生かした職業というと、まずカウンセラーや臨床心理士が思い浮かぶことが多いかも知れません。もちろん、心理学部を卒業して、カウンセラーや臨床心理士として活躍している人はたくさんいます。しかし、その一方で、心理学部を卒業して、それとは異なる社会の様々な領域で活躍している人もたくさんいます。例えば、人事、人材開発、教育、広告、マーケティング、データ・サイエンスなど、社会の様々な領域で心理学を勉強した人が活躍しています。

心理学の中には、社会の様々な領域の問題に対応するため、応用心理学と呼ばれる研究分野があります。例えば、カウンセラーや臨床心理士と結びついた分野は臨床心理学と呼ばれます。そのほかにも、教育に関連する問題を扱う教育心理学、企業や職場での問題を扱う産業心理学、犯罪に関わる問題を扱う犯罪心理学などがあります。これら以外にもたくさんの応用心理学があります。多様な応用心理学が存在すること自体、心理学が解決すべき問題が社会の様々な領域にあることを示しているとも言えます。

応用心理学の教育は、一般的に心理学部の高学年で行われます。これは、応用心理学の内容を理解するためには、心の基本的な性質や仕組みを理解していなければならないからです。例えば、知覚、記憶、学習、思考などの心の働きについて知るため、認知心理学や生理心理学の勉強をしておく必要があります。さらに、心の成長や発達については発達心理学、人間の性格や個性についてはパーソナリティ心理学(人格心理学)、また、人間関係や社会の中での人間の行動については社会心理学の勉強をする必要があります。

心理学部は、心の基本的な性質や仕組みから現実の問題を扱う応用心理学までを体系的に学ぶところです。大学の4年間をかけて様々な科目を勉強するにしたがって、人間の心の全体像がだんだんと見えてきます。しかしながら、心理学を4年間勉強したからといって、人間の心が完全に理解できるわけではありません。というのも、心理学は、他の学問に比べると未熟で、今、必死に努力している発展途上の学問だからです。そのため、同じ問題についても様々な考え方があり、心理学者同士が常に熱い議論を戦わせています。

心理学を勉強すれば、たとえ人間を完全に理解できなくても、人間を深く理解するための考え方や姿勢を身に付けることができます。このような考え方や姿勢を備えた人は、先入観に基づいて人間を判断したりしませんし、様々な出来事の原因も簡単に決めつけたりはしません。多様な視点から人間や物事を判断することができます。このような人こそが、社会の中で本当の意味で役立つ人材だと言えます。

駿河台大学心理学部の特徴

駿河台大学心理学部は、心理学の専門的な知識を持ち、社会の様々な領域で活躍する人材を育てることを目的としています。それを実現するために、いくつかの特徴を備えています。

第1の特徴は、基礎的な分野の科目が充実しているという点です。心理学の中には心の基本的な仕組みを扱う基礎心理学と呼ばれる分野があります。認知心理学、学習心理学、生理心理学、発達心理学、社会心理学、パーソナリティ心理学(人格心理学)などです。これに加え、社会学、人類学、宗教学、精神医学など心理学以外の視点から人間の理解を目指す科目も用意されています。

第2の特徴として、心理学の研究をするための方法を学ぶ科目がたくさん用意されています。心理学の研究をするためには、実験、調査、観察、面接といった方法が用いられます。また、そのような方法で得られたデータを分析する技術も必要となります。このような知識や技術を見につけるための科目が充実しています。

第3の特徴は、3つのコースを設定している点です。この3つのコースは、社会において特に心理学を役立てることができそうな3つの領域を想定したものです。「臨床の心理コース」は、臨床心理士やカウンセラーを目指す人のために用意されたコースです。「犯罪の心理コース」は、例えば、防犯、犯罪捜査、被害者支援などに関わる警察官、犯罪者の矯正に関わる法務技官、法務教官、保護観察官などを目指す人のために用意されています。そして、「子どもの心理コース」は、子どもに関わる仕事や子育てをする母親や家族を支援する仕事で役立つ人材の育成を目指しています。しかし、先ほど述べたように、心理学を役立てることができる領域は実に多様です。そこで、本学部のカリキュラムは、この3つのコースのうち1つに縛られることなく、2つまたは3つのコースの勉強を同時にすることができるように工夫されています。

第4の特徴は、国家資格の「公認心理師」の受験資格に対応しているということです。公認心理師は、社会の様々な領域で心理学の知識や技術を活かして活躍する人材です。受験資格を得るためには、大学と大学院で国が定めた科目をすべて履修しなければなりません(ただし、実務経験を積むことで大学院に行かなくても済む場合もあります)。駿河台大学心理学部には、大学で学ぶ必要のあるすべての科目が用意されており、3つのコースのいずれを選択しても、これらの科目を履修することができます。これらの科目を履修して、公認心理師の受験資格に対応した大学院を修了すれば、公認心理師の受験資格が得られます。なお、駿河台大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻は、公認心理師の受験資格に対応した大学院です。また、臨床心理士養成大学院第1種の指定も受けています。

第5の特徴は、公認心理師だけでなく、社会の多様な領域で活躍する人材を積極的に育成している点です。例えば、保育士をめざす人のためには、保育士合格講座が用意されており、学内で資格取得のための授業を受けることができます。また、法務技官や法務教官をめざす人のためのサポートもあります。そのほかに、学生の進路の相談にきめ細かく応じるため、キャリアセンターが設置されています。さらに、学生ひとりひとりに対して担当教員がつくFA制度と教員以外の職員がつくCA制度も用意されています。

これからの社会では、問題の解決のために心理学的な知識や技術が求められる場面が増えていくものと予測されます。駿河台大学心理学部は、このような社会で活躍する人材を育成していきます。

(いわくましろう・パーソナリティ心理学)



TOP