学部紹介

基礎科⽬から専⾨科⽬まで体系的に学べるカリキュラム

20210401sinri_01.jpg

駿河台大学心理学部では、心理学の基礎的な知識を土台にして、⼼理学的なものの見方・考え方ができるようになることを目指しています。したがって、心理学に関するさまざまな講義科目だけでなく、実験、観察、調査、面接など、⼼理学の研究方法の基礎を学ぶ⼼理学研究法科⽬にも力を入れています。

また、⼼理学に関する科⽬の他にも、⼈間に関する幅広い視野に⽴って総合的に⼈間理解ができるように、社会学、宗教学、⼈類学、精神医学など、⼈間に関する科⽬も学習します。

「⼊学後、⼤学での学習についていけるだろうか」と不安に感じる新入生は少なくありません。心理学部では、1・2年次にプレゼミナールを設置し、専⾨書を読む、レポートをまとめる、意⾒を発表するなど、⼤学で学ぶための基本的スキルを⾝につけられるようにしています。また、基本的なコンピュータの操作方法等を学ぶコンピュータ・リテラシーという科目もあります。

⼀⽅、「せっかく⼼理学部に⼊学したのだから、はやく心理学の勉強がしたい」という人もいると思います。そこで、⼼理学部では、1年次から⼼理学の専門的な科目の一部を学ぶことができるように、心理学基礎科目も充実しています。

このように、学⽣としての基礎的学⼒を固め、充実した専⾨科⽬の学習に進むことができるカリキュラム構成となっています。

専門科目は、3コース

20210401sinri_02.jpg

⼼理学部は、今日の社会におけるさまざまな諸問題を⼼理学的に理解し、その解決に役⽴つ⼈材の育成を⽬指しています。2年次以降は、各⾃の関⼼に沿った、より専門的な学びを実現するために、次の3つのコースに分かれます。

  • 臨床の心理コース  さまざまな心の問題やその改善のための臨床心理的支援について学ぶ
  • 犯罪の心理コース  複雑で、多様化する現代社会の病理や、非行や犯罪の心理を学ぶ
  • 子どもの心理コース 子どもや子育てをめぐる問題や、子どもの健やかな成長・発達への支援を学ぶ

学⽣は2年次からいずれかのコースを選択し、⾃分の関⼼をより深めることができます。

社会⼈としての⾃覚と幅広い教養を⾝につけた⼈材の育成を⽬指す

20210401sinri_03.jpg

本学のカリキュラムは、就業意識を育成するためのキャリア教育科⽬や、現代社会のさまざまな問題を理解する上で役立つ教養科⽬が充実しています。さらに、積極的に就業意識を形成したり、社会と接する機会をもってもらうため、インターンシップやボランティア実習などのアウトキャンパススタディの科⽬も開設されています。

取得を目指せる資格と進路

取得を目指せる資格

心理学専門的に生かすための資格取得を目指すことができます。

  • 公認⼼理師(⼤学院修了後もしくは⼀定の基準を満たした実務経験後)
  • 臨床⼼理⼠(⼤学院修了後)
  • 認定⼼理⼠(学部卒業後,各自申請が必要)
  • 児童心理司任用資格(学部卒業後に実務経験が必要)*
  • 児童福祉司任用資格(学部卒業後に実務経験が必要)*
  • 家庭相談員*
  • 児童指導員任用資格
  • 放課後児童支援員

(*:任用資格要件を満たした後,公務員試験に合格する必要あり)

上記に加え、学内で開講されるキャリアカレッジにおいて保育⼠資格の取得もサポートしています。

卒業後の進路

心理学を活かすことのできる職場は多岐にわたります。駿河台大学心理学部は、皆さんの夢を応援します。

  • 公務員(児童相談所、障害者(児)施設、法務省専⾨職員(矯正⼼理専⾨職、法務教官、保護観察官)
  • 病院などの心理専門職員
  • 家庭裁判所調査官
  • 児童指導員(児童発達支援センター、放課後等デイサービスなど)
  • ⺠間会社(産業カウンセラー、⼈事担当、市場調査、⼦ども関連ビジネスなど)

駿河台大学には大学院・心理学研究科(臨床心理学専攻、犯罪心理学専攻)も設置されています。臨床⼼理学専攻は、公認心理師受験資格取得に必要なカリキュラムを備えるとともに、臨床⼼理⼠養成⼤学院第1種の指定を受けています。

20210401sinri_footer.jpg

関連リンク



TOP