学部紹介

基礎科目から、専門科目まで体系的に学べるカリキュラム

心理学の基礎を重視し、まずは心理学的思考が理解できるように、心理学研究法科目が用意されています。実験など、心理学の研究法の基礎を学びます。

また、心理学基礎科目の他、関連領域科目、心理学関連科目を設置。人間に関する幅広い視野に立った総合的な人間理解のため、心理学だけでなく宗教や社会学、文化人類学、生物学など、人間に関する科目も学習します。

入学後、いきなり大学での学習方法についていけるか不安に感じている学生は多数います。1、2年次では、基礎教育科目で、専門書を読む、レポートをまとめる、意見を発表するなど、大学で学ぶための基本的スキルを身につけることができる科目、あるいはコンピュータ技術に関する科目などを用意しています。一方、せっかく心理学部に入学したのだからはやく勉強したいという思いもあると思います。したがって、心理学部では、1年次から心理学科目や教養基礎科目で心理学の一部科目を学ぶことができるようにもしています。

このように、学生としての基礎的学力を固め、充実した専門科目の学習に進むことができるカリキュラム構成となっています。

専門科目は、3コース

心理学部心理学科は、現代社会の諸問題を心理学的に理解し、その解決に役立つ人材の育成を目指しています。そのため、専門科目は各自の関心を中心に学ぶことができるようにコースを設定しています。それらは、臨床心理を中心に学ぶ「臨床の心理コース」、犯罪心理について学ぶ「犯罪の心理コース」、さらに子どもの時期を中心に、ライフサイクル全過程でのこころの発達について学ぶ「子どもの心理コース」の3コースです。学生は3年次からいずれかのコースに入り、自分の関心を、より深めることができます。

社会人としての自覚と幅広い教養を身につけた人材の育成を目指す

就業意識を育成するためのキャリア教育科目や現代社会の諸問題を理解するための教養基礎科目も用意していますが、さらにインターンシップなどを通して積極的に就業意識を形成したり、社会と接する機会をもつために、アウトキャンパススタディの科目にも挑戦してもらいたいと考えます。

取得を目指せる資格

「公認心理師(大学院修了後もしくは一定の基準を満たした実務経験後)」「臨床心理士(大学院修了後)」、「認定心理士」

上記に加え、キャリアカレッジにおいて保育士資格の取得もサポートしています。

進路には、民間会社(産業カウンセラー、人事担当、市場調査、子どもビジネスなど)、公務員(児童相談所、障害者(児)施設などのカウンセラー、法務省専門職員(矯正心理専門職・法務教官・保護観察官)、家庭裁判所調査官)、病院(心理判定員、児童指導員)、教員(社会)、などが挙げられます。

駿河台大学には大学院・心理学研究科(臨床心理学専攻、犯罪心理学専攻)も設置され、臨床心理学専攻は、臨床心理士養成大学院、第1種の指定を受けています。



TOP