カリキュラム

カリキュラムについて

カリキュラムマップ
2017年度以降入学者 2018年4月改正

カリキュラムマップは、科目区分の下に授業科目を構成し、科目区分間、授業、科目間の関係性や履修順序(配当年次)等を示しています。

ナンバリング(PDF)
2017年度以降入学者


ナンバリング(PDF)
2013年度~2016年度入学者

ナンバリングは、学生のみなさんが一定の分野を体系的に学習できるようにするためのものです。ナンバリングに沿って並べられた科目を見れば、どの科目とどの科目が密接に関連しているか、より強い関連性を持った科目はどれかが分かるのです。また、科目の難易度も、このナンバリングによって確認できます。

Get_Adobe_Acrobat
PDFファイルを表示するには、Adobe(R) Reader(TM)が必要です。
バナーから無料でダウンロードできます。

特色

演習科目・実習科目を重視しています

駿河台大学心理学部では、単に「講義」で心理学を学ぶだけでなく、「実践実習」「演習」の授業を積極的に設定することで、実践的能力を身につけられるように工夫したカリキュラムとなっています。

心理学の基本的知識や研究法も学ぶことができます

駿河台大学心理学部では、3コースのいずれかを中心に心理学を学びますが、こうした領域の学習内容を理解するためには、人格心理学や認知心理学、社会心理学など、多面的な知識が必要となります。カリキュラムでは「心理学基礎科目」や「コース共通科目」として様々な分野の科目を用意し、学生の理解を深めるようにしています。

また、心理学の知識を深く理解するためには、どのような研究方法、プロセスを経て、その理論やモデルが作られてきたのかを理解する必要があります。また、心理学が科学的手法を用いるようになった理由、その方法を理解する必要があります。カリキュラムでは「心理学研究法」として実験・調査・観察・検査法を通じて、心理学の研究方法を具体的に学ぶことができるようになっています。

心理学以外の人間理解に役立つ科目を用意しています

駿河台大学心理学部では、人間理解の一方法として心理学を位置づけています。換言すると、心理学だけでは人間を十分理解することはできないと考えています。そのため、人間理解に深くかかわる哲学・宗教学・社会学・文化人類学などの科目を設定し、より広い視点から人間理解ができるようにしています。

1年次から専門科目を学べます

駿河台大学心理学部では、基礎教養科目に加えて「心理学概説I・II」や「発達心理学I・II」「子育ての心理学」などを1年次から設置し、学生の心理学への関心を早い段階で満たすことができるようにしています。また、心理学の多様なテーマを扱う「こころの科学」も、1年から4年まで受講可能ですので、1年生の時から心理学の授業を受けることができます。

カリキュラム(2017年度入学者向け)

主な科目のみ示しています。

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年
  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年

TOP