犯罪の心理コース

⽇本で数少ない犯罪⼼理学の専⾨コースです。

わが国の複雑化、多様化する犯罪状況を理解し、それに対応できる⼈材を育成するために、犯罪⼼理学を学ぶための専門コースを設けました。犯罪⼼理学や法⼼理学を専⾨とする教員が多数いますので、他⼤学にはない幅の広さと深さで犯罪の⼼理を学ぶことができます。

このコースでは、犯罪心理学の基本を学ぶだけでなく、凶悪犯罪者の⼼理、少年⾮⾏の⼼理とその矯正、薬物依存者の⼼理といった具体的な問題やその理論を学ぶことができます。たとえば殺⼈や傷害に加え、DVやストーカーなども含めた暴⼒犯罪、近年問題となっている薬物犯罪、プロファイリングやポリグラフ検査(嘘発⾒器)などの犯罪捜査技術、⽬撃証⾔の信憑性の問題、犯罪者や⾮⾏少年の矯正など、様々な分野の知識を学べます。

犯罪⼼理学の⼤学院も設置されています。

駿河台⼤学⼤学院の心理学研究科には犯罪⼼理学専攻が設置されています。大学院に進学することで、犯罪⼼理学をさらに深く学ぶことができます。

犯罪関連分野への就職を⽀援します。

国家公務員である法務省専⾨職員試験(矯正⼼理専⾨職・法務教官・保護観察官)や警察官の合格者も輩出しています。これらの進路への⽀援もします。

将来の進路

国家資格公認⼼理師(⼤学院修了後)、警察官、法務教官、法務技官(⼼理)、⼼理判定員(任用資格)、保護観察官、⼀般企業、公務員(⼀般職)、⼤学院進学 など



TOP