臨床の心理コース

臨床心理学を中心に学ぶコース。臨床の心理コース科目の充実!

新しい国家資格の「公認心理師」取得にも対応

乳児期から老年期まで、幅広い発達の段階における心理を学べるのが特色です。いじめや不登校、あるいはストレス、人格障害などさまざまな適応上の問題や、カウンセリング、心理療法に関心がある人、他者を援助する仕事につきたい人に適しています。講義科目には、発達上の問題を扱う「乳幼児期の臨床」「児童・青年期の臨床」「成人・老年期の臨床」があります。また、カウンセリングの技法を学ぶ「カウンセリングⅠ~Ⅳ」、検査法を学ぶ「投影法演習」などがあります。適応上のさまざまな問題や、カウンセリングのあり方について学びます。公認心理師、臨床心理士などの専門職を目指す学生にとって大切な講義や実習が充実していることが特徴です。特に、カウンセリングや心理検査の実習では、少人数での体験的な学びを重視しています。
そのため、このコースの教員には病院の臨床心理士をはじめ、スクールカウンセラー、精神科医、少年鑑別所技官など多様な実務経験をもつスタッフがそろっています。
また、国家資格である公認心理師の養成カリキュラムにいち早く対応するため、かねてから充実していた臨床心理学の科目に加え、資格取得に必要な関連科目を増設しました。
本学大学院のカリキュラムも公認心理師資格取得に対応するとともに、大学院進学をサポートする体制が充実します。

将来の進路

国家資格公認心理師(大学院進学後)、臨床心理士(大学院進学後)、カウンセラー、法務教官、法務技官(心理)、心理判定員、児童心理士、公務員(一般職)、中学校・高等学校教諭 など



TOP