お知らせ

展覧会のご案内

2021/06/03教員の活動

環境芸術学会企画「大漁旗アート展2021」

メディア情報学部教授 城井 光広

東日本大震災から10年が経過しましたが、復興はまだ途上にあります。未来に向けアート・デザインが何を行うべきか。環境芸術学会では、その機会とすべく展覧会を企画しました。
(北青山のオリエアートギャラリーで開催)
2007年から福島県にあるアクアマリンふくしまで13回にわたって「海の環境」をテーマに行われてきた小名浜国際芸術祭の「大漁旗アート展」を元にしています。
会場では、16人のA0サイズの大漁旗の作品の他に、約1800×1200mmの布をスクリーン(大漁旗)に見立て、大漁旗デザインをプロジェクターでスライドショー投影します。

私の作品は、大漁の源である海の環境維持を願いつつ、キラキラ・生き生きした魚たちを連なる幾何形態とグラデーションで表現したものです。
おそらく、会場は空いていると思われます。コロナ禍ですが、もし可能でしたらご高覧下さい。
(フライヤーの作品は、エスキースなどが多いので、会場の完成作品とは異なる場合があります。)

※会場:オリエ アート・ギャラリー 〒107-0061 東京都港区北青山2丁目9番16号AAビル1階


展覧会案内ポスター

環境芸術学会企画「大漁旗アート展2021」クリック・タップするとPDFデータが開きます



TOP