お知らせ

駿輝祭のゼミ展示・発表で受賞しました!!!

2018/11/09ゼミ活動

 第32回駿輝祭にて、メディア情報学部のゼミ展示・発表がそれぞれ理事長賞(井上ゼミ)、学長賞(水沼ゼミ)、奨励賞(間島ゼミ)を受賞しました。皆さん、本当におめでとうございます。

◎井上ゼミ「理事長賞受賞」

 井上ゼミでは、『密かにひそむ空想の生き物展』を開催しました。ゼミのメンバー各自が架空の生き物を考案し、キャラクターおよび展示のグラフィックとしてデザインするという試みでした。
 300名を超える方にご来場いただきました。グラフィックデザインやイラストレーションを学ぶ学生の、高い素質や技量の一端を知っていただくことができたのではないかと思っています。アンケートにも積極的なご意見を多数いただきました。ご来場いただいた方に、あらためて感謝いたします。
 理事長賞をいただき、大変光栄に思います。また、頭と手をフルに使った学生の頑張りに結果がついたことを、とても嬉しく思っています。

20181109駿輝祭のゼミ展示・発表01.jpg井上ゼミの展示会『密かにひそむ空想の生き物展』

◎水沼ゼミ「学長賞受賞」

 水沼ゼミが行ったのは、『豊かなよみもの展』です。本学部の図書館・アーカイブズコースを知ってもらう展示を、そして来場者がくつろげる場所を、というコンセプトのもと、ゼミ生達が自らで考えできあがったものです。
 地域の方々を意識した「ヤマノススメゾーン」、女子高生を意識した「雑誌・メイク動画・コスメゾーン」、子ども意識した「絵本ゾーン」、男性を意識した「哨戒機ゾーン」、そして図書館らしい「おすすめ小説ゾーン」など、色々なアイディアをもとに素敵な空間ができました。そんなゼミ生達のセンスと頑張りが認められ、学長賞をいただけたことを大変嬉しく思います。最後に、展示を見てくださった皆様、どうもありがとうございました。

20181109駿輝祭のゼミ展示・発表02.jpg水沼ゼミの展示会『豊かなよみもの展』

◎間島ゼミ「奨励賞受賞」

 間島ゼミでは、駿輝祭で3年生が制作した作品の上映会を行いました。メインとなる作品テーマは「いま会いたい人にアポをとって話を聞きに行く」で、10分ほどの映像作品を一人一作品ずつ制作しました。また、それと並行して夏休みに千葉・館山でゼミ合宿を行い、2泊3日の自炊生活をしながら「夏」をテーマにした映像作品も制作しました。
 今回のメイン作品「会いたい人」では、元プロ野球審判員、映画の予告編専門の女性ディレクター、SNSで話題の現役大学生アーティスト、人気 eスポーツの実況者、ヘアドネーション(髪の提供)を支える団体の代表者など各界で活躍するとてもバラエティに富んだラインナップとなりました。作品の企画から取材、編集、完成まで4ヶ月かけて制作する過程で、学生と間島先生が激しく意見を戦わせる場面もありました。そして制作に対するこだわりの強さのためか、完成したのは本番当日という作品もありました。
 上映会は、会場準備、リハーサル、本番まで、作品制作に追い込まれながら、決してスムーズに進んだわけではありませんが、みんなが本音で語り合い、実行したおかげで、「奨励賞」をいただくことができました。ありがとうございます。間島ゼミでは3年次の後半、今回の経験を生かしてまた別の課題に取り組んでいきます。

20181109駿輝祭のゼミ展示・発表03.png間島ゼミの発表会『元気が出るテレビ!!』

TOP