専攻発展科目

ゼミナールと、各コースの専門的な科目が置かれています。映像・音響メディアコースには、映像・音響コンテンツを制作する演習科目や、広くマスメディアやジャーナリズムに関する専門科目もあります。

デジタルデザインコースには、ウェブデザインやグラフィックスなどコンテンツ制作に関わる講義や演習科目から、ネットワークや情報処理などエンジニアリングに関する科目もあります。図書館・アーカイブズコースには、図書館、博物館、文書館で扱う情報とともに、企業の記録情報管理を総合的に学ぶための科目があます。

また、コースに共通して、広告・宣伝に関するオンキャンパスインターンシップなどプロジェクト型の演習科目やそれを支援するCM制作研究などの科目もあります。尚、所属するコースの科目ばかりでなく、他コースのさまざまな科目からも選択して学習ができます。

ゼミナールとは、十数人程度の少人数で、学生が教員と双方向コミュニケーションをとることによって、きめ細かい指導を行う授業です。