お知らせ

学生の自主的活動-フィリピンへの短期語学留学-

2016/04/14その他

 大学の春休み期間は、学生にとって時間をかけてやりたいことを行うチャンスです。フィリピンの語学学校に短期留学をして、英語の勉強をしてきたアンフザヤさんの経験を紹介します。

 私の出身国であるモンゴルでは、あまり英語を勉強しませんでした。私も高校までロシア語を勉強してきたため、英語はほとんどできませんでした。日本で働くためには、英語ができないと損をすると思い、春休みに1か月間、語学留学をすることに決めました。

 留学先は、フィリピンのセブ島というところです。寮に泊まり込みで毎日8時間英語ばかり勉強していました。1か月はあっという間でしたが、少しは上手になったと思います。

 英語の勉強以外にもたくさんの経験をしました。まず、寮の同室は日本人でした。彼女は私が日本語を話すので驚いていましたが、日本語で話せたので仲良くなることができました。また、私は暑いのが苦手で、フィリピンの暑さは大変でしたが、モンゴルにはない海に行くことができて楽しかったです。

 今回の留学をサポートしてくれた両親にありがとうと言いたいです。また、セブ島での生活についてアドバイスしてくれた大学院生の小澤さんにもありがとうと言いたいです。

アンフザヤ(経済経営学部4年、駿台外語&ビジネス専門学校出身)

20160414kkg_01.jpg

語学学校で先生(右)と一緒に

20160414kkg_02.jpg



TOP