お知らせ

学部デー・ゼミナール発表会報告 その5〈マーケティングと戦略コース〉情報系会場

2016/12/24学部行事

 11月22日(火)は毎年恒例の学部デーでした。経済経営学部では1年生はフィールドトリップへ参加し、2、3年生は3年ゼミ生によるゼミナール発表会に参加します。本欄ではこれらのプログラムについて連載でレポートします。ゼミナール発表会はコースごとに5つの会場に分かれて行われました。今回はマーケティングと戦略コース情報系会場の発表について紹介します。

ゼミナール発表会の概要 マーケティングと戦略コース情報系会場

 本会場は、経営情報系ゼミナールによる発表会場であり、各ゼミナールの発表テーマは以下のとおりでした。
 それぞれ、経営戦略のモデル分析、財務データによる企業比較分析、話題の情報サービスの研究、意思決定のための分析ツールの紹介という内容であり、限られた時間でしたが3年生たちが日頃の学習成果を真剣に発表しました。また、たいへん豊富な発表内容でした。そのため聴講していた2年生たちも自分の希望ゼミだけではなく、各ゼミの発表内容に関心を持つことができたようです。

町田 欣弥(経済経営学部教授)

発表ゼミナールとテーマ一覧

 1.システム・シンキングで分析するスターバックスの経営戦略(海老根敦子ゼミ)
 2.菓子業界の動向と分析(南林さえ子ゼミ)
 3.『Fintech』新しい金融サービス(八田真行ゼミ)
 4.AHPとその適用事例について(町田欣弥ゼミ)

参加学生コメント

 私は「マーケティングと戦略コース 情報系」の合同発表会に参加しました。概要は以下のとおりです。
 海老根ゼミはシステム・シンキングという物事の因果関係から問題の全体像を把握する手法についての発表で、南林ゼミでは菓子業界の大手三社(明治、ロッテ、グリコ)を比較した財務分析を行っていました。また、八田ゼミはお金や情報のデジタル化など、IT技術を活用した革新的な金融事業であるフィンテックについて発表しました。そして、町田ゼミではアンケートの結果を点数化し、個人にとって最良の選択肢を出すAHPという手法についての発表でした。いずれも3年生の学習成果が表れ、私たちにとっても興味深い内容でした。

萩谷 圭亮(経済経営学部1年 埼玉県立狭山清陵高校出身)

20161224keizaikeiei_01.jpg 20161224keizaikeiei_02.jpg

学部デー。マーケティングと戦略コース情報系会場のゼミナール発表会の模様。(2016.11.22撮影)


経済経営学部を知る
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。「駿河台大学経済経営学部」で検索してください。
  • 次回のオープンキャンパスは、2017年3月26日(日)です。

経済経営学部入試情報
  • 一般S方式一般A方式センター方式1期スクール型AO5期自己PR型AO5期の出願は2017年1月5日(木)から受付を開始します。受付はWEB出願が1月22日(日)24:00まで、郵送による出願が23日(月)必着です。試験は一般S方式が1月29日(日)、一般A方式が1月30日(月)および31日(火)、スクール型AO5期および自己PR型AO5期が1月28日(土)に実施します。
  • 一般S方式、一般A方式の合格者で沖縄県内の居住者あるいは沖縄県内に所在する高校の出身者は、特別奨学生制度(入学金免除)が適用されます。
  • 一般S方式合格者のうち、試験成績優秀者は初年度授業料(68万5千円)を全額免除します。


TOP