お知らせ

学部デー・ゼミナール発表会報告 その4〈マーケティングと戦略コース〉経営系会場

2016/12/22学部行事

 11月22日(火)は毎年恒例の学部デーでした。経済経営学部では1年生はフィールドトリップへ参加し、2、3年生は3年ゼミ生によるゼミナール発表会に参加します。本欄ではこれらのプログラムについて連載でレポートします。ゼミナール発表会はコースごとに5つの会場に分かれて行われました。今回はマーケティングと戦略コース経営系会場の発表について紹介します。

ゼミナール発表会の概要 マーケティングと戦略コース経営系会場

 経営系の会場の共通テーマは「スポーツビジネス」でした。
 水尾ゼミ、高垣ゼミ、小澤ゼミは個別企業の「経営戦略分析」を中心に研究しました。渡辺ゼミは、スポーツ用品市場の現況を統計データに基づいて明らかにし、スポーツビジネス企業の今後の動向を検討するものです。各ゼミの報告は、研究対象を異にしながらも、経営学を学んだ成果を示すものでした。
 アディダスのマーケティング戦略をブランド形成・維持に焦点を当てて行ったのが水尾ゼミでした。同業他社のターゲティングの比較まで行っています。
 高垣ゼミは、ミズノをポーターの理論、PEST分析、4Pによって分析し、その結果に基づいて、スポーツシューズの新製品、宣伝・販売促進活動の提案をしています。
 小澤ゼミは、ヨネックスの製品開発史を根拠にして、多角化戦略とシナジー効果の活用、技術開発を基盤とした差別化戦略について報告を行いました。
 渡辺ゼミは、業界分析の結果を根拠に、アシックス、ミズノ、デサントの今後取るべき戦略を提言しています。

小澤 伸光(経済経営学部教授)

発表ゼミナールとテーマ一覧

 1.アディダス マーケティング戦略(水尾順一ゼミ)
 2.ミズノ経営戦略分析(高垣行男ゼミ)
 3.ヨネックスの経営戦略(小澤伸光ゼミ)
 4.スポーツ市場と業界の動向(渡辺裕子ゼミ)

参加学生コメント

 11月22日に催された学部デーで、経済経営学部の「マーケティングと戦略コース」経営系の各ゼミナールは「スポーツビジネス」を共通テーマとして調査し、発表をしました。
 企業の戦略をさまざまな観点から分析することにより、その企業の強みや特徴を見つけ、経営や販売力の向上に繋がっているということを学び、企業理解を深めることができました。また、今回の発表では、ゼミナールごとに調査したブランドが異なっていたため、同業他社の比較もできました。

上條 莉穂(経済経営学部3年 東京都・私立・豊南高校出身)

20161222keizaikeiei_01.jpg 20161222keizaikeiei_02.jpg

学部デー。マーケティングと戦略コース経営系会場のゼミナール発表会の模様。(2016.11.22撮影)


経済経営学部を知る
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。「駿河台大学経済経営学部」で検索してください。
  • 次回のオープンキャンパスは、2017年3月26日(日)です。

経済経営学部入試情報
  • 一般S方式一般A方式センター方式1期スクール型AO5期自己PR型AO5期の出願は2017年1月5日(木)から受付を開始します。受付はWEB出願が1月22日(日)24:00まで、郵送による出願が23日(月)必着です。試験は一般S方式が1月29日(日)、一般A方式が1月30日(月)および31日(火)、スクール型AO5期および自己PR型AO5期が1月28日(土)に実施します。
  • 一般S方式、一般A方式の合格者で沖縄県内の居住者あるいは沖縄県内に所在する高校の出身者は、特別奨学生制度(入学金免除)が適用されます。
  • 一般S方式合格者のうち、試験成績優秀者は初年度授業料(68万5千円)を全額免除します。


TOP