お知らせ

学部デー・ゼミナール発表会報告 その2〈経済と社会コース〉第1会場

2016/12/13学部行事

 11月22日(火)は毎年恒例の学部デーでした。経済経営学部では1年生はフィールドトリップへ参加し、2、3年生は3年ゼミ生によるゼミナール発表会に参加します。本欄ではこれらのプログラムについて連載でレポートします。
 ゼミナール発表会はコースごとに5つの会場に分かれて行われました。今回は<経済と社会コース>第1会場の発表について紹介します。

ゼミナール発表会の概要 経済と社会コース第1会場

 経済経営学部では、多くの3年次ゼミが輪読や現地調査、他大学とのワークショップなどの活動を行っています。学部デー・ゼミ発表会はその発表の格好の機会です。ここでのプレゼンテーションの経験により、日頃のゼミ活動で得た自分たちの知識を人に伝える技術を磨けます。思わぬ失敗や意外な成功を経験するようですが、自分の言いたいことを伝えるために何が大事かをつかみ取ることができたことと思います。
 さらに、他のゼミの研究内容を知ることで、自分たちのゼミの研究活動に思わぬ広がりが出ることもあります。
 聴講者として参加した2年次生にとっては、これから参加するゼミでどんなことを学べるのか、またそのために、自分にはどんな準備が必要かを考える機会になります。

大松 寛(経済経営学部准教授)

発表ゼミナールとテーマ一覧

1.ゲームの理論と経済行動(大松寛ゼミ)
2.東京都中央卸売市場移転(野田裕康ゼミ)
3.地域振興の現状と将来―飯能で農業体験!・春日部調査・青梅調査―(大森一宏ゼミ)
4.インバウンドの動向と課題(市川哲郎ゼミ)
5.ラオスの経済特区(野崎謙二ゼミ)

参加学生コメント

 私は、学部デーのゼミナール発表会を通して自分の所属しているゼミの研究内容についてさらに理解が深まりました。他人にわかりやすく教えるということは自分の理解を深めることに繋がるからです。発表をするにあたって聞いている人が理解しやすいようにゼミのみんなと苦労しながら創意工夫を重ねていくのが楽しかったです。発表本番では事前の練習不足が少し足を引っ張りましたが、目立つ失敗はなかったので安心しました。ゼミ発表は慣れないことも多く戸惑いましたが、ゼミ生全員の力で成功させられたのではないかと思いました。

岡田 拓(経済経営学部3年 埼玉県立秩父高校出身)

20161213keizaikeiei_01.jpg 20161213keizaikeiei_02.jpg

学部デー。経済と社会コース第1会場のゼミナール発表会の模様(2016.11.22撮影)


経済経営学部を知る
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。「駿河台大学経済経営学部」で検索してください。
  • 次回のオープンキャンパスは、12月17日(土)です。

経済経営学部入試情報
  • 一般S方式一般A方式センター方式1期スクール型AO5期自己PR型AO5期の出願は2017年1月5日(木)から受付を開始します。受付はWEB出願が1月22日(日)24:00まで、郵送による出願が23日(月)必着です。試験は一般S方式が1月29日(日)、一般A方式が1月30日(月)および31日(火)、スクール型AO5期および自己PR型AO5期が1月28日(土)に実施します。
  • 一般S方式、一般A方式の合格者で沖縄県内の居住者あるいは沖縄県内に所在する高校の出身者は、特別奨学生制度(入学金免除)が適用されます。
  • 一般S方式合格者のうち、試験成績優秀者は初年度授業料(68万5千円)を全額免除します。


TOP