お知らせ

学部デーにおいて「ゼミ発表」を行いました(3)

2015/12/24学部行事

 経済経営学部では、11月25日(水)に行われた学部行事「学部デー」において、毎年恒例となっている「ゼミ発表」を行いました。経営分野は、高垣・水尾・渡辺ゼミの3年生が発表を行い、来年度に小澤・高垣・水尾・渡辺の4ゼミに入る予定の2年生たちも参加しました。

 経営分野の3ゼミは、カシオ計算機や腕時計業界について発表を行いました。高垣ゼミの発表は、カシオのG-Shockを取り上げて詳細なSWOT分析を行ったうえで、5年後を見据えた戦略提案を発表しました。水尾ゼミは、カシオの電卓やG-Shockが発売直後からどのようなマーケティング戦略を経て、市場占有率を高めた理由について細かい要因分析を行いました。渡辺ゼミは、時計の方式(機械と電子)にわけて市場を詳しく分析し、発表は数値データを駆使した図表を用いた発表でした。

高垣 行男(経済経営学部教授)

参加学生コメント

 私は編入学試験で3年生に編入したため、昨年度のゼミ発表会を見ておらず、発表担当になったときは非常に不安でしたが精力を尽くして準備しました。発表が終わった後は、自分の不足するところがよくわかり、これから勉強でする報告も明らかになって充実感でいっぱいです。ゼミの発表会は、私たちを成長させていただけるので、今後も続けていった方がいいと思いました。

張彩霞(チョウ・アヤカ)(経済経営学部3年、駿台外語&ビジネス専門学校卒)


 経営系の「入門演習(2年生ゼミ)では、5つの企業を対象にして、経営史、経営管理、国際経営、マーケティング、そして経営戦略の視点から調査を行っています。私は、カシオ計算機を担当しているので、詳しく知っているつもりだったのですが、3年生ゼミの人たちの詳細な分析に驚かされました。
 数年前までは3年生の後に2年生も発表したそうですが、先輩たちはすごいと思いました。来年度は私たちも発表することになるので、頑張りたいと思います。

武藤 祐樹(経済経営学部2年、東京都立八王子北高等学校出身)

20151224kkg_01.jpg

20151224kkg_02.jpg




TOP