パネル⑤(過去3年間の主要内定先)

パネル⑤(過去3年間の主要内定先)

 経済経営学部は変化の激しい現代社会に対応できる人材、地域社会で活躍できる職業人の育成をめざしています。
 そのため、多様な学習をサポートし、徹底したICT教育、体験重視、現場に触れるキャリア教育、コミュニケーション力を向上させる少人数教育などを推進して就職力アップを図っています。
 その結果、多くの卒業生が民間企業や公共機関で活躍し、地域社会の発展に貢献しています。東証プライム上場企業や大手100%子会社などからも多数の内定をいただいています。
 経済経営学部の「就職力」を実感していただければと思います。

内定取得者からのメッセージはこちらをご覧ください。

  • 東京信用金庫内定報告

  • 古河機械金属(株)内定報告

  • (株)フジマック内定報告

  • (株)ミロク情報サービス内定報告

  • 横浜冷凍(株)内定報告

  • いすゞライネックス(株)内定報告(現在の社名はいすゞロジスティクス(株))

  • 東海運(株)内定報告

  • (株)日立物流内定報告

  • 国税専門官内定報告

  • 東京消防庁内定報告

  • 茨城県警(警察官)内定報告

  • 「内定への道」(卒業生の内定報告)は今年度も随時更新中です。ぜひご覧ください。

    1. 東証プライムとは、東京証券取引所のプライム市場のことです。
      東京証券取引所では2022年4月4日より従来の東証一部、東証二部などに代えて以下の三つの市場区分が始動しています。
      プライム市場    グローバルな投資家との建設的な対話を中心に据えた企業向け
      スタンダード市場  十分な流動性とガバナンス水準を備えた企業向け
      グロース市場    高い成長可能性を有する企業向け
      各市場には上場基準が設けられています。例えば、プライム市場は株主数800人以上、流通株式時価総額100億円以上、スタンダード市場は同400人以上、10億円以上、グロース市場は同150人以上、5億円以上とされています。

    

    TOP