コース紹介

3つのコース

経済経営学部では進路(将来何になりたいか)と学習目的(そのために何を学んだらよいか)に応じた3コースを設定しました。

経済と社会コース

「もの」や「ひと」の行き来があればそれは経済活動!すべてが経済学の対象になります。幅広い分野を学べるのが特徴です。

経営と会計コース

会計、財務、金融など、マネーについての専門的な知識を体系的に学び、企業の中でビジネスプランを企画立案し、中心的に活躍する人材をめざします。本コースは会計に関する各種資格への最短ルートでもあります。

観光&国際ビジネスコース

外国からは多くの観光客が日本を訪れ、逆に日本企業はさかんに海外へ進出しています。こうした観光ビジネス、国際ビジネスに対応する人材を育てます。

各コース共通科目

経済学と経営学の入門的知識を学ぶための専攻基礎科目と、経済経営学部生として必要な経済学と経営学の両領域の基礎と関連領域の知識と考え方を学ぶための専攻基幹科目があります。

専攻基礎科目

経済と経営との共通言語である数学を学ぶ「基礎数学」、経済学の基礎を学ぶ「経済学の基礎(ミクロ編)」、「経済学の基礎(マクロ編)」、経営学の基礎を学ぶ「経営学総論Ⅰ」そして、国際化の時代に必要な経済的知識の基礎を提供する「国際経済の基礎」など、経済経営学部生に必要な、経済と経営の複眼的思考の基礎を修得することを目的とした科目があります。

専攻基幹科目

「あなたのお気に入り」を製造・販売しているのは会社です。マーケティング、経営、会計、ICTなど会社の一員として活躍できる知識とスキルが身につきます。



TOP