経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

8月7日(金)オープンキャンパス模擬授業に登場する教員のプロフィールを掲載しました

2015/08/04 オープンキャンパス

 次回8月7日(金)のオープンキャンパスでは「スポーツビジネスの世界 ―スポーツ用品からプロチームまで―」のタイトルで小澤伸光教授が模擬授業を行います。また、同教授は夢ナビライブ2015(7月11日(土)、東京会場)に登場し、「東京ディズニーリゾートの本当の競争相手とは?」のタイトルでライブ講義を行いました。そこで、今回は小澤教授の簡単なプロフィールをインタビュー形式で紹介します。
 ぜひ駿大オープンキャンパスに、そして経済経営学部の模擬授業にお越しください。

Q:模擬授業でアピールしたいことを教えてください
A:スポーツビジネスの世界は、プロチームの経営にとどまらず、スポーツ用品の製造販売、マーケティングまで拡がっています。スポーツを見て楽しむだけではなく、ビジネスの世界との関わりに気づくと、「スポーツ」と「大学の学び」がより身近になります。

Q:先生の専門分野をわかりやすく説明してください
A:戦略実行に必要な「決断すること」、「人を育てること」を研究しています。駿河台大学周辺の飯能、入間、狭山、所沢には世間では知られていない「トップ企業」が少なくありません。それらトップ企業の経営者にインタビューして、経営者の決断の構造・背景、そして「人づくり」を探究しています。

Q:本学ではどんな授業を担当していますか(担当科目)
A:『経営リーダーシップ論』、『人的資源戦略論』などです。

Q:受験生におすすめの本、雑誌、インターネットサイトなどがあれば教えてください
A:高橋伸夫『組織力』ちくま新書。チームで仕事をすることの意味が分かります。

Q:休日の過ごし方や趣味などありましたら教えてください
A:温泉にゆっくりつかり、その後で美味しいお料理を食べることが、最もしたいことです。残念ながら仕事が多忙でなかなか実現できません。
 三宅由佳莉さんの「祈り」、Helene Fischerさんの"Ave Maria"を聴くことで、気分転換を図っています。

Q:模擬授業を受講する高校生へのメッセージがあればお願いします
A:プロスポーツの世界と「ビジネス」とは密接に関連しています。大学で経営学を学び、スポーツビジネスで活躍できる機会をつかんでください。

 また、当日、模擬授業の終わりに、経済経営学部の学生トークがあります。今回は、小澤教授のゼミ生の大山智己さん(経済経営学部4年、私立浦和実業学園高等学校出身)が、みなさんに学生生活について語ってくれます。こちらもお楽しみに。

20150730kkg_03.jpg

オープンキャンパス模擬授業をおこなう小澤伸光教授(2014.7.26撮影)

ページの先頭へ