経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

経済経営学部の教員の「研究」について紹介します(第9回)

2015/08/27 教員情報

 「教育」と「研究」は大学教員にとって「車の両輪」のような欠くことができないものです。この連載では経済経営学部の教員の「研究」について紹介していきます。第9回は明石真和教授です。

現在の研究テーマ

ドイツ語学、ドイツ語圏の文化

ドイツ語学とドイツ語圏の文化という、2つの分野について研究しています。
1.ドイツ語学では、主として話法の助動詞を対象に、その歴史的な意味の推移を追っています。中世から現代に至る意味用法の変遷を、特定の言語作品の中から用例を収集して検討する作業です。
2.ドイツ語圏の文化では、ここ数年、サッカーを対象にしています。主として、20世紀以降のドイツ語圏のサッカーの歴史と日独交流を中心に研究しています。

著書

「ワールドカップと世界のサッカー(仮題)」(共著)ドイツに関する項目を執筆しています。(中央公論事業出版、近日刊行予定)

ページの先頭へ