経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

入替戦に勝利したラグビー部主将(経済学部生)のコメントを掲載しました

2014/02/27 その他

 昨年12月8日の入替戦で城西大学に勝利し、3部昇格を手にしたラグビー部主将(経済学部学生)のコメントを掲載します。

ラグビー部主将のコメント


恩田 翔平(経済学部4年、明和県央高等学校出身)

 こんにちは。私たちラグビー部は3部に上がれました。思えばこの2年間で変わったことがたくさんありました。まず自分たちが3年のころに上級生の多くが退部。監督が変わる。など色々な問題が重なりました。

 新しい監督が入り部活の頻度の変化や新しく入ってくる者などの環境の変化がある中で辞めて行く人たちも増え、リーグ戦も途中まで本音で話す選手は少なく、試合の成績も悪く、上に上がる確率はほんとにごくわずか、誰もが上がれないと思っていました。

 ラスト2ヶ月になった頃、監督が今にも泣きそうな顔で「勝つ確率は1%はある。最後くらいは頑張ろうや。」と話したのを今も覚えています。その日から最後の2ヶ月は全員がやる気を欠かさず、オンオフの切り替え、普段からの生活態度なども一変しました。そこからは全勝。この部員たちなら負けないという確信にまで変わっていました。そして、そのまま入れ替え戦も勝ち上がり結果的に三部に上がることができた、というわけです。

 誰もが諦めても自分たちの中で一つでも信じて全員が一つの目標に向かって行く。これは本当に大変ですが、それが叶った時には大きな自信につながると思います。なにかを一生懸命にやり遂げた仲間は一生ものです。人は一人では生きていけない、この言葉をよく言われました。もっと早く気付いていればまた結果は変わりもっと上を目指せていたのかもしれないと思うこともあります。

 スポーツをやるにしてもやらないにしてもなにかに一生懸命になり、しっかりとした目標に向かって進むことは大事です。少しでもなにかを目指してもらい、やり遂げた時にわかる新しい考え方、感じ方がを知ってほしいです。間違ってることは間違ってると言い、目指すべきものを示してくれる人、そういう仲間を見つけ、なにかを始めて見てください。仲間を見つけるために自分から行動するのも大切です。自分から動かなければなにも変わらずに4年間はあっという間です。一つくらい思い出作りに本気で取り組んで見てはいかがですか。

 これからさらに上を目指す後輩たちを少しでも応援していただけたら幸いです。

20140227_rugby.jpg

*経済経営学部の学部紹介パンフレットがダウンロードできます。くわしくはこちらをごらんください。

*経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画で配信しています。くわしくはこちらをごらんください。

*経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。くわしくはこちらをごらんください。

*経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebook、Twitterでも常時お届けしています。「駿河台大学経済経営学部」で検索してみてください。

*次回のオープンキャンパスは3月22日(土)の予定です。経済経営学部の模擬授業も実施されます。くわしくはこちらをごらんください。

ページの先頭へ