経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

内定への道 その4 内定取得者からのメッセージ No. 4(大手住宅メーカー)

2014/09/19 その他

経済学部4年生から寄せられた内定取得の体験記です。

内定取得レポート(大手住宅メーカー)

境 寿樹(経済学部4年、東京都立保谷高校出身)



20140919kkg_01.jpg 第一志望であった大手ハウスメーカーより内定をいただきました。

 私は2013年3月から2014年1月末まで留学をしていたため、周りの人よりも遅れて就職活動を始めることとなりました。やはり周りとの遅れがあるという焦りがありましたが、逆にその焦りから帰国してすぐに就職活動に取り掛かることができたと思っています。

 留学をしていたこともあり、大学で行われていたセミナーなどには参加することができていなかったので知識が全くない状態での就職活動でした。そして私は初めての面接で大きな失敗をしてしまいました。一番大事な、企業の志望動機を最後まで話すことができなかったのです。しゃべっている途中で頭の中に残っていた文がすべてなくなってしまい、最後まで話さず途中でやめるという前代未聞のことをしてしまいました。もちろんその企業からは選考通過の通知は来ませんでした。

 しかし、その面接のおかげで自分自身に足りないものや苦手なものが見つけることができたと思っています。その失敗の後から他の企業からも選考通過の知らせをいただきました。あのときの失敗で挫折することなくそれを乗り越えたおかげで自分自身が大きく成長できたと感じています。またあのような失敗をしたからもう怖いものはないという気持ちになり、自分に自信を持つことができすべての面接では100%の力を出せていたと思います。その結果、多くの面接を経験し、挑んだ第一志望の企業の選考は楽しみながら進めることができ、最後には内定をいただくことができました。

 私は就職活動というものはそれぞれのやる気次第でどうにでもなると思います。失敗を経験したらそれで諦めるのではなく、糧にして次に繋げれば確実に良い成果がついてきます。また自分自身に対して悲観的にならず自信を持つことで良いアピールもできるし相手の人にもちゃんと伝えたいことが伝わると思います。

 私はこの就職活動全体を通し楽しかったと言えることができたのは、自分にとってとても大きな成果だと思っています。




  • 経済経営を知る5分授業
    経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画で配信しています。

  • 経済経営学部個別相談用メールアドレス
    経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。

  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebook、Twitterでも常時お届けしています。「駿河台大学経済経営学部」で検索してください。



ページの先頭へ