経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

オープンキャンパス模擬授業の風景(第7回 8月10日実施)

2014/02/20 模擬授業の風景

担当:市川紀子准教授

模擬授業の概要

テーマ:企業の「通信簿」を知る―財務諸表分析って何だろう?―

 財務諸表とは一体どのようなものなのでしょうか?

 実は財務諸表は会社の通信簿の役割を果たしています。

 会社の経営状況を知るためには、会社が公表している財務諸表を分析することが一番です。財務諸表を分析すればどのようなことが分かるかを模擬授業では解説していきました。実際の企業の事例をもちいて、経営の安定性を示す比率や短期の支払い能力を示す比率などをみんなで学んでいきました。

受験生へのメッセージ

 会社にどれくらい財産があるのか、どれくらい利益をだしているのかなどを知るためには、簿記・会計の知識は必要不可欠です。

 今日、日本においては経済的環境の変化にともない、会計基準が急速に変化してきているといえます。新聞やテレビ、インターネット上において「会計」という言葉をみかけない日はないですし、突然、会社が倒産することもまれではありません。

 このような経済的環境の変化のなかで、財務諸表から企業の経営状況を把握する能力を身につけることは、将来、ビジネス社会にとびこんでいくみなさんにとって非常に重要なことだと思います。財務諸表の分析技術の面白さに関心をもっていただければと思います。

20140220_keizaikeiei.jpg
模擬授業を行う市川紀子准教授(2013.8.10撮影)。

*経済経営学部では2013年3月のオープンキャンパスから模擬授業の受講者に受講証をお渡ししています。経済経営学部の自己PR型AO入試においては同学部で実施するオープンキャンパス模擬授業への参加を評価ポイントとして扱います。受講証はそのための証拠書類となります。

*次回のオープンキャンパスは3月22日(土)の予定です。経済経営学部の模擬授業も実施されます。くわしくはこちらをごらんください。

*経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画で配信しています。くわしくはこちらをごらんください。

*経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。くわしくはこちらをごらんください。

*経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebook、Twitterでも常時お届けしています。「駿河台大学経済経営学部」で検索してみてください。

ページの先頭へ