経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

経済学部伊藤ゼミの学生が生物分類技能検定の受験準備の仕上げとして国立科学博物館を見学しました

2013/11/30 ゼミ活動

 経済学部伊藤ゼミでは毎年生物分類技能検定の受験を推奨しており、受験希望者には合格対策のレクチャーなどを実施しています。 今年は同検定の3級および4級に合わせて4名の学生が挑戦しました。

 受験直前の11月3日には受験準備の総仕上げとして、伊藤教授の案内で2名の学生が国立科学博物館を見学し、これまで学んだことを実物の標本などを見ながら再確認しました。

20131130_kahaku01.jpg

外来生物のコーナーを見学(2013.11.3撮影)。

参加学生の感想

谷地竜紀(経済学部4年、埼玉県立鳩ヶ谷高校出身)

 私は伊藤先生の解説の下、国立科学博物館を見学しました。専門家の解説を聞きながら見学をするという貴重な体験をさせていただきました。さらに私は生物分類技能検定3級の受験が控えていたので、問題に出やすい生物についての解説や受験対策もその場でしていただきました。
 11月17日に実施された生物分類技能検定3級の試験には植物や動物の基本的な問題に加え、多少深く踏み込んだ問題が出題されました。出題される生物がどのようなものなのか実際に見るということはとても重要なことであり、この見学で学んだことは検定でとても役に立ちました。


20131130_kahaku02.jpg哺乳類の展示コーナー。中央のモニターは見学者が写るようになっていて「ヒト」と書いてある。

今モニターに写っているのが谷地さん(2013.11.3撮影)。


*経済経営学部伊藤雅道教授が分担執筆した書籍の情報についてはこちらをごらんください。

*昨年度の伊藤ゼミの生物分類検定の合格者情報についてはこちらをごらんください。

ページの先頭へ