経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

教員書籍(共著)の紹介〜『現代演劇』

2013/10/09 教員情報

 ここでは、経済経営学部でどのような研究がされているかを知って頂く一環としまして、専任教員の著書書籍を随時紹介していきます。

『現代演劇[新版]vol.20』(現代演劇研究会編)新水社、2013年8月15日発行、ISBN978-4-88385-159-1

*詳しい書籍情報はこちらをごらんください。

20131009_syoseki01.jpg

カバー写真は、上段『ピアフ』(パム・ジェムズ作)、下段『ガット・ガールズ』(サラ・ダニエルズ作)


 経済経営学部増田珠子准教授が、サラ・ダニエルズ作品解説『朝の光』を執筆したほか、「現代イギリス女性劇作家・案内」に分担執筆者として参加しています。

 『現代演劇』はこれまで、「オーガスト・ウィルソン/スーザン=ロリ・パークス」(vol.19)、「ノエル・カワード」(vol.18)、「リリアン・ヘルマン/メガン・テリー」(vol.17)など、現代英米の劇作家を取り上げて特集してきました。
 本書は、イギリスの女性劇作家サラ・ダニエルズとパム・ジェムズの特集号で、それぞれの評伝、作品解説のほか、「女性の権利を求めて―婦人参政権運動」、「十九世紀末の演劇における女性の表象」、「現代イギリス女性作家・案内」、「戯曲『スタンレイ』」(翻訳)、「海外演劇事情」が掲載されています。

ページの先頭へ