経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

8月31日オープンキャンパス模擬授業に登場する教員のプロフィールを掲載しました

2013/08/10 オープンキャンパス

 夏休み終盤の8月31日(土)、9月1日(日)本学ではオープンキャンパス開催の予定です。8月31日、経済経営学部は「アパレル業界について考える ―ユニクロとしまむらはどのような戦略をとっているのか―」のタイトルで南林さえ子教授が模擬授業をおこないます。そこで、今回は南林教授の簡単なプロフィールをインタビュー形式で紹介します。

 ぜひ駿大オープンキャンパスに、そして経済経営学部の模擬授業にお越しください。

Q.模擬授業でアピールしたいことを教えてください
 見えているものはそのもののごく一部に過ぎません。その背後にある見えないものを見る力を、大学で養ってほしい。

Q.先生の専門分野をわかりやすく説明してください
 本質を知りたいと思う事柄とそれに影響すると考えられる様々な要因のデータを集め、その影響力を数量的に評価するという研究をしています。

Q.本学ではどんな授業を担当していますか
 統計学、経営データ分析、コンピュータリテラシーなどです。

Q.受験生におすすめの本、雑誌、インターネットサイトなどがあれば教えてください
 村山涼一『論理的に考える技術』サイエンス・アイ新書:考えを図形化することで論理的に考えることができます。
 宮脇 昭『森の力 植物生態学者の理論と実践』講談社現代新書:駿河台大学は敷地内に大きな里山を持っています。この本は自らの理論・信念を元に継続的に森を作る実践を続けている方の話です。継続はやはり力です。

Q.休日の過ごし方や趣味などありましたら教えてください
 本学サッカー部の部長をしています。県リーグ2部での今期の成績は全勝です。来年は絶対に1部リーグです。土曜、日曜に試合があり、できる限り観戦することにしています。何かに打ち込む姿は、「かっこいい」と思います。

20130807nanbayashi_01.jpg

オープンキャンパスで模擬授業をおこなう南林さえ子教授(2011.8.18撮影)


*オープンキャンパス全体の情報についてはこちら

*南林教授は今年度の駿河台大学プロフェッサー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞しました。くわしくはこちら

*経済経営学部の模擬授業では高校生の受講者の方に毎回受講証をお渡ししています。経済経営学部の自己PR型AO入試では模擬授業への出席を評価項目としますが、受講証はその証拠書類となるものです。自己PR型AO入試での出願を考えている人は大切に保管してください。自己PR型AO入試についてはこちら

ページの先頭へ