経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

駿大里山&ビオトープ通信2013その2〜今年度初めての環境ボランティア作業でホタル生息地の整備を行いました

2013/04/22 駿大里山&ビオトープ通信

 4月20日に経済経営学部伊藤雅道教授の指導により、今年度はじめてのビオトープおよび里山整備の環境ボランティア作業が行われました。参加学生によってビオトープ周辺の草刈りと、草刈り境界を示すロープの設置、ホタル沢上部のホタル蛹化場所の整備(土起こし)、常緑低木の伐採などを行いました。ホタルは4月下旬より水中で生活していた幼虫が川岸に上がり、土の中で蛹になります。そして、6月中旬〜下旬になると羽化をはじめ、成虫になって発光し私たちの目を楽しませてくれます。
 作業場のホタル沢上流部の雑木林ではちょうどチゴユリの花が開花し、見頃を迎えていました。
20130422_satoyama01.jpg

熊手を使って土を掘り起こしホタルの蛹化に備えます。(2013.4.20撮影)


20130422_satoyama02.jpg

作業場の周辺では多数のチゴユリの花が見られました。(2013.4.16撮影)

ページの先頭へ