経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

11月23日オープンキャンパス模擬授業に登場する教員のプロフィールを掲載しました

2013/11/14 オープンキャンパス

 次回のオープンキャンパスは11月23日(土・祝)の予定です。経済経営学部は「社会で求められる人材となるためには―大学で何をどう学べばよいのか―」のタイトルで狩谷求教授が模擬授業をおこないます。そこで、今回は狩谷教授の簡単なプロフィールをインタビュー形式で紹介します。

 ぜひ駿大オープンキャンパスに、そして経済経営学部の模擬授業にお越しください。


Q.模擬授業でアピールしたいことを簡単に一言でお願いします。
 いま社会ではどんな人材を求めているのか。それを常に意識しながらこれからの学生生活を送ってほしいと思います。

Q.先生の専門分野をわかりやすく説明してください。
 金融機関で34年間働いていました。したがってお金にかかわる問題には何でも興味を持っています。とりわけお金がどう世界を駆け巡っているかに関心を持っています。

Q.本学ではどんな授業を担当していますか(担当科目)。
 ライフプランニング、国際金融論、ケース研究、インターンシップ(就業型)などです。

Q.受験生におすすめの本、雑誌、インターネットサイトなどがあれば教えてください。
 日本経済新聞に毎朝掲載されている「私の履歴書」。実業界、政治、科学、芸術、スポーツ等各界で活躍した人たちの自叙伝が1か月ごとにまとめられています。苦境をどう乗り越えたのかなど人生の励みになることも多いのでおすすめです。

Q.休日の過ごし方や趣味などありましたら教えてください。
 銀行員時代、アメリカ、ドイツ、フィリピン、パナマに滞在しました。いまでも時間があると海外を旅し、外から日本を見るのを習慣にしています。

Q.模擬授業受講者へのメッセージがあればお願いします。
 私は駿河台大学大好き人間のひとりです。自然に囲まれた駿河台大学のキャンパスは評判です。しかしそれ以上に大学周辺の飯能・入間に大学を応援してくれる街の人が大勢います。インターンシップや森林活動など学びや活動の場の提供や、アドバイスをしていただいています。こんな大学は首都圏には他にありません。

20131114kkg_01.jpg

2011年度プロフェッサー・オブ・ザ・イヤー賞記念講演会での狩谷求教授(2012.6.9撮影)


*模擬授業の概要についてはこちらをごらんください。

*経済経営学部では2013年3月のオープンキャンパスから模擬授業の受講者に受講証をお渡ししています。経済経営学部の自己PR型AO入試においては同 学部で実施するオープンキャンパス模擬授業への参加を評価ポイントとして扱います。受講証はそのための証拠書類となります。

*狩谷教授は2011年度の駿河台大学プロフェッサー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞しました。これについてはこちらをごらんください。

ページの先頭へ