経済経営学部 経済経営学部からのお知らせ

ゼミの先輩が働く企業訪問記(明石被服興業株式会社)

2012/10/15 その他

 小澤ゼミの3年生13名が、9月19日(金)にゼミの先輩が勤務する明石被服興業東京支店を訪問しました。
 明石被服興業は、「富士ヨット」ブランドで知られる学校制服業界3強の一社です。

 今回は、ショールームで、先ずは、業界全体の特徴と、明石被服興業の強みについてご説明を受けました。
 そして先輩からは実際の仕事の内容について、細かい解説をして頂きました。

20121015kkg_01.jpg

ショールームで全体説明を受けています

 広々としたショールームで、明石被服興業の誇る縫製技術、国内生産へのこだわり、そしてお客様である高校・中学の要望にどう応えて提案をするかなど、体験談を交えて詳しい説明を頂きました。

 画面の左側には「HANAE MORI」デザインの制服が展示されています。右手には、立体裁断と縫製の技術が示されています。着やすい制服を作る技術的な基盤が良く分かりました。

20121015kkg_02.jpg奥行きのあるショールームで個別製品の説明を受けています。夏服や体操服が陳列されています

 営業の基本である「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」の重要性、第一印象を強くするための「明るく・元気な発声」など、大学の講義と実務との架け橋となる考え方を学んだ時間でした。
 そして、販売のピークである3月の1月間と生産の平準化、そして、それが「参入障壁」となる根拠など、大学で学んだ生産管理や競争戦略論の応用を体感できる貴重な経験を得ることができました。

ページの先頭へ