お知らせ

大学院2年生の第2回中間報告会が行われました

2020/07/27論文・研究

 7月25日(土)に大学院総合政策研究科経済・経営学専攻の第2回修士論文中間報告会がオンライン(Google Meet使用)で開催されました。経済分野の大学院2年生3名が、各自の研究テーマに基づき、主査・副査の(PC画面の)前で発表しました。
 
 前回の中間報告から約半年が過ぎ、データ分析や論証などに新たな視点やより深い考察がそれぞれの研究で随所に表れてきたと感じました。他方で、今回も前回同様、主査・副査の先生方から厳しいコメントや多くの修正個所の指摘を受けており、残りの半年間でさらなる研究成果を期待していきたいところです。

 今回の第2回中間報告会は、ほとんどオンライン開催となったことから、専攻長は企業経営分野の報告会にも参加させていただきました。大学教室での報告会と異なり、オンライン報告会は場所(会場)を選ばないため参加の予定が合わせやすく、主査副査以外の先生や院生も参加できます。報告は皆パワーポイントによる発表のため、教室での報告会と全く同じです。

 3密状態となる大人数の集まりや、大声・近接した会話が制約されている現在、オンラインの利用はこのようなシーンで大きなメリットがあると思いました。もっとも、総合政策研究科は少人数教育が中心ですので、大学院の講義や演習で3密状態になることはほとんどありませんが。

経済・経営学専攻長 野田裕康

20200727sogo01.jpg及川 瑞穂さんの報告

20200727sogo02.jpgLIU JIAQIさんの報告

20200727sogo03.jpgSU LANDIさんの報告



TOP