お知らせ

【経済・経営学専攻】教員の研究成果 2020年度 市川紀子教授

2020/12/05論文・研究

 経済・経営学専攻 市川紀子教授が、森山書店が発行している『會計』に論文を投稿し、2020年11月発行の第198巻第5号に掲載されました。

 論文のタイトルは、「改正収益認識会計基準等と概念フレームワークの関係性」です。
 
 本稿の目的は、わが国の企業会計基準委員会(Accounting Standards Board of Japan:ASBJ)が2020年3月31日に公表した改正収益認識会計基準等に関して、これまでの公開草案等へのコメント分析を行い、改正点を確認すると共に、2006年に公表された討議資料「財務会計の概念フレームワーク」との関係性について検討するものです。

20201205keizai_in.png



TOP