カリキュラムについて

情報資源の管理の専門職を育成

本専攻は、紙文書・電子文書・データベースなどあらゆる形式の記録群を対象とし、官公庁、企業、情報産業からマスメディア、観光産業、図書館、博物館など各分野の情報資源管理の専門家を育成することを目標としています。 文学分野、工学(情報学)分野を融合した類例の少ない学問領域です。

本研究科はメディア情報学専攻、法学専攻、経済・経営学専攻の三つの専攻で構成されますが、メディア情報学専攻においては、高度なコンピュータの素養と、情報資源管理の能力に加え、法学や経済・経営学の持つ視点、知見を併せ持つ高度専門職業人の育成を目標としています。

修了後は『修士(メディア情報学)』の学位が取得できます。

充実した院生へのアシスト

本専攻では現職の社会人でも大学院教育と平常の勤務との両立を図り、フルタイムの学生と同等の研究と学習を継続できるよう、科目構成、授業形態などが工夫されています。これまで多くの自治体職員、司書、情報企業のSEが学位論文を提出して、修士号を取得、卒業しています。インターネットによるE-Learning(遠隔教育)であるメディア科目を開講し、キャンパス外での学習と研究指導が行われています。これにより、遠隔地の自治体や企業に勤務する社会人でも、一般学生同様2年間で修士号を取得する道が開かれています。勤務の状況によっては、学費を分納しつつ最長6年間の長期履修制度もあります。

留学生には日本語での論文作成を補助してくれるアシスタント制度があります。修士論文を作成する過程で、日本語読解・作文能力を高度なレベルまで高めることができます。

カリキュラム

TOP