専攻長メッセージ

経済・経営学専攻を目指す皆様へ

-経済・経営学専攻教育の理念・目的・目標-

経済・経営学専攻長 野田裕康経済・経営学専攻長
野田裕康

 経済・経営学専攻の前身である経済学研究科は、1996年4月、経済・経営専攻の一専攻修士課程として設立され、伝統的に本学の教育理念である「愛情教育」にもとづいて、フェイス・ツー・フェイスの少人数教育を行ってきました。

 経済・経営学専攻では、その伝統を引き継ぎ、研究者の育成よりも、高度の専門的知識・技能を持つ職業人の養成と再教育に教育目的を置いています。とくに、経済学と経営学を総合的に学ぶことができ、幅広い専門的視野と能力の育成を図るところに特色があります。

 このような教育目的を達成するため、次の3つの具体的な教育目標があります。

1. 高度の専門性を有する職業に必要な専門的知識・技能を持つ職業人の養成

 税理士志望のための会計、財政領域に限らず、一般企業など各方面においても高度な専門的知識・技能を持つ専門職が求められるようになっています。そのため、大学院に入学して、さらに専門的知識と技能を習得したいという学生も増えます。経済・経営学専攻ではそのようなニーズに応える教育を行っています。

2. 税理士など資格取得をめざす人材の養成

 税理士資格取得を目指す人を支援する履修課程を設置しています。税理士試験(修了者の修士論文審査による税理士試験科目免除)に関しては、現経済・経営学専攻修了者や、前身である経済学研究科でもこれまでにも実績があり、修了生の多くが税理士として活躍されております。

3. 社会人のキャリア・アップと外国人留学生のための高度専門教育の充実

 大学院の専門教育に対する社会人のニーズの高まりに応えるために、社会人教育の充実を目指しています。民間企業や自治体で働きながら学びたい社会人や生涯教育を支援するため、土曜開講、昼夜開講、長期履修などの制度を設けています。
 また、増加する外国人留学生の大学院進学への多様なニーズに応えるためのオリエンテーション科目を開講しているほかに、研究指導担当教員による懇切丁寧な高度専門教育にも一段と力を入れています。

 本専攻では、前身である経済学研究科として第1回修了生を送り出した1998年3月以来、税理士または会計関連業務を中心に専門的職業に就く多くの修士を輩出しています。また、地域社会人と留学生の修士も毎年かなりの割合を占めています。私たちスタッフは、経済・経営学専攻において高度の専門的知識・能力の習得をめざす学生、社会人の皆さんが最大の成果を挙げることができるよう最善を尽くしていきます。



TOP