在学生の声

矯正心理専門職を目指して

犯罪心理学専攻修士2年 本多 桃子(2019年 駿河台大学心理学部卒業)

私は、矯正心理専門職員になりたいと考え、より専門的な犯罪心理学を学ぶことができる駿河台大学大学院への入学を決めました。

大学院の講義は、院生が主体となって進められます。講義前には院生が資料やレジュメを用意し、調べたことを講義中に発表する形式が多いです。一方で、疑問があれば、先生方からご指導頂き、有意義な時間でもあります。

院生生活は研究や課題、講義など多忙な日々であるものの、大変充実した時間を過ごすことができました。

さらに、夏季休暇には、保護観察所や更生保護施設へ実習に行き、保護観察官の方や更生保護施設職員の方から実体験をもとにした大変興味深いお話を伺うことができ、更生保護行政の知見を深めることができました。

残りの院生生活も更に充実したものになるように日々過ごしていきたいと考えています。

自分のリズムで院生生活

犯罪心理学専攻修士2年 大橋 彩乃(2019年 宇都宮大学教育学部卒業)

私は、大学の講義で法務技官という職業を知り、法務省専門職員を目指すため、犯罪心理学専攻のあるこの大学院を選びました。

大学院での講義は、自らレジュメを作成し発表形式で講義を行うことが多く、自分が調べたことが相手に伝わるように創意工夫を重ねることで、より深い知識を得ることができます。また、講義での疑問点はその場で先生に尋ねることができます。講義も和やかな雰囲気で行われており、楽しんで講義に出席することができました。

大学院での生活は、課題やレジュメ作成などがあり、とても多忙ですが、自分の関心のある分野についてより深く学ぶだけでなく、公務員試験のために勉強をしながら、趣味に没頭する時間を作ることもできました。私の大学院生としての生活は、自分で生活リズムを決めることができることも魅力の一つであると感じています。

ですから、大学院受験を検討している方は、自分の興味関心を広げる2年間にしてみても良いのではないでしょうか。院生生活をより充実したものにできるよう、できる限り協力したいと考えているので、いつでも私たち先輩に声をかけてください。犯罪心理学専攻を目指す皆さんの将来の院生生活が充実したものになることを願っています!

スクールカウンセラーになるために

臨床心理学専攻2年 野島 朋華(2019年 駿河台大学心理学部卒業)

私は元々駿河台大学の心理学部出身なのですが、スクールカウンセラーの職業に就くことに憧れ、臨床心理士の資格を取るために駿河台大学大学院に入学しました。大学院も駿河台大学にそのまま進学することに決めた理由は、先生や教務課の方と学生との距離が近く、不安なことやわからないことはいつでも何でも相談できる雰囲気だと、学部時代から感じていたからです。

入学してからは、大学付属のカウンセリングセンターにて様々な実習を通し、実践的な体験をさせていただいています。カンファレンスに参加して、様々な先生方の意見をその場で聞くことができたり、カウンセリングセンターに新規の申し込みがあれば、実際に私がカウンセリングを担当したりもしています。最初は、初めてのことだらけで不安はありますが、先生方や教務課の方が一人一人しっかりとサポートしてくださいます。わからないと思ったことや自分なりの考えや意見もとても話しやすい雰囲気なので、学校生活の中でより多くのことを吸収できていると感じます。



TOP