お知らせ

修士論文構想発表会を開催しました

2020/11/06論文・研究

 11月2日(月)、2020年度修士論文構想発表会が開催されました。この発表会では、大学院での研究をスタートした修士課程1年生が、現時点での研究テーマや方法などについて、その構想を報告します。今年度は、コロナウィルス感染拡大予防の観点から、Web会議ツールを利用しての発表会となりました。


pc.jpg

 本発表会は、例年、犯罪心理学専攻と臨床心理学専攻が合同で開催しており、司会進行を修士2年生が担当します。各自の発表後に設けられている質疑応答の時間では、両専攻の教員から研究方法についての質問や指摘がおこなわれ、活発な議論がなされました。


pc02.jpg

 総合討論では、発表を終えた修士1年生も加わり、研究上の問いをさらに深め、仮説を精緻なものにしていくための様々な意見がやり取りされました。その中には、「この問いに答えを出すことが、社会の発展にどのように役立つのか」が問われる場面もありました。

 こうしたやり取りは、研究の実現性が高まるだけでなく、より広い視点で自身の研究を捉え直す機会となります。本発表会を通して、学生たちは、研究の発展に向けて気持ちを新たにしたようでした。



TOP