研究科紹介

心理学研究科とは

教育目標

「臨床心理学」と「犯罪心理学」の専門家の育成を目指す研究科です。

本学は2009年4月、心理学に対する社会的ニーズに応ずることのできる人材の育成を目指して、心理学部と大学院心理学研究科とを同時開設しました。このうち、大学院心理学研究科は、臨床心理学専攻と犯罪心理学専攻の2専攻からなり、昨今の心理・社会的環境への心理学からのアプローチを明瞭に意識し、具体的な実践を通じて社会に貢献できる人材の育成を目指した教育・訓練を行っております。

現代社会の多様化・複雑化・グローバル化、そしてめまぐるしい変化は、そこに生きる人々に過重なストレスや強い不安を喚起し、多くの不適応状況や病んだ心を生み出す源泉ともなっています。幼児や高齢者に対する虐待、家庭内暴力(DV)や恋人間暴力といったパートナー・バイオレンス、執拗ないじめや学級崩壊、うつや自殺、引きこもり、毎日のようにマスコミを賑わす殺人などの凶悪な犯罪、少年非行問題などなど…。これらは、“どこか遠いところの出来事”ではなく、日常茶飯に私たちのすぐ隣り、場合によっては私たち自身にも起こる出来事です。こうした問題に対処するためには、言うまでもなく、心理学の知見とそれに基づく支援や援助が大変重要となってきます。そして、心理学を現実場面で有効に機能させるためには、心理学の知識と技能を武器として扱う専門家が「人」や「社会」に立ち向かっていく必要があります。本研究科は、そのような実践的心理専門家を養成することを目指しています。

具体的には、臨床心理学専攻にあっては、国家資格である公認心理師や公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会認定の臨床心理士などの心理臨床家の養成を第一の目標としています。心理臨床家の養成には、適切な指導のもとで多くの臨床経験を持つことが不可欠ですので、付属の駿河台大学心理カウンセリングセンターでの実習のほか、精神科病院、教育相談機関、福祉施設等の外部機関・施設での実習に特に力を入れています。もちろん、カリキュラムは公認心理師および臨床心理士の受験資格を得ることができるものとなっていますし、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から第1種指定校の認定を受けています。臨床心理学が主担当となっている専任教員は、精神科医師1名、公認心理師5名(うち、臨床心理士4名、精神保健福祉士1名)で、このほか心理カウンセリングセンターで臨床指導に当たる助教・助手が各1名(いずれも公認心理師・臨床心理士)となっています。

犯罪心理学専攻にあっては、司法・矯正・保護や被害者支援といった、心理学と法学とのコラボレーションを要する分野で活躍できる心理専門家の養成を第一に考えています。犯罪や非行などの社会病理的問題の理解とその解消を目指すには、法律や行政による対応に偏ることなく、そこに「こころ」の問題を溶け込ませて考えていかなければなりません。心理専門家が活躍を期待される分野は非常に広いです。プロファイリングなどの犯罪捜査、司法手続における虚偽自白の心理・適切な事情聴取方法・目撃証言の正確性/客観性に関する研究等、犯罪予防活動、犯罪抑止に効果的な環境整備、個々の犯罪者の更生支援、犯罪被害者支援などです。また、犯罪を通じて人間心理や社会病理の深淵に迫り得ることも魅力の一つです。なお、開設当初は「法心理学専攻」という名称でしたが、その後、法務省専門職員採用試験の新設、児童相談所の増設・増員、被害者支援制度の拡充などの司法関連領域の心理職へのニーズの変化を受け、2017年4月に「犯罪心理学専攻」に改編しています。犯罪心理学が主担当となっている専任教員の専門領域は、犯罪心理学および法心理学のほか、基礎心理学、社会心理学、人格心理学、発達心理学、宗教学と多岐にわたっています。

さらに、本研究科では、両専攻横断的な教育や研究にも力を入れていますし、法務省専門職員(矯正心理専門職・法務教官・保護観察官)試験を中心とした公務員試験対策にも力を入れております。

心理学を通じて現実の社会に貢献したいと考えている諸君を歓迎します。



TOP