MENU
Language
アクセス
  1. トップ
  2. 学部・研究科レポート
  3. 5月21日(土)オープンキャンパス・法学部模擬授業・予告編〔民法〕

学部・研究科レポート

2022.05.06

5月21日(土)オープンキャンパス・法学部模擬授業・予告編〔民法〕

今回は、5月21日(土)に実施される模擬授業の中身を少しだけお知らせします。続きはぜひ、当日の模擬授業でお聞きください!

え?それも契約?-契約の基礎を知ろう!

法学部助教 平山 陽一

今年4月、民法が改正され、18歳に成年年齢が引き下げられました。この改正によって、ついこの間まで未成年者だった18歳、19歳の「契約」との関わり方が、急激に変わりました。3月までは、契約を結んだとしても「未成年者であることを理由として」契約を取り消すことができましたが、これからは18歳になった途端、その方法では守られないことになります。そのため、最近ではニュースなどで、「18歳になったら契約を簡単に結んではならない。契約を結ぶときは注意しろ。」といったことが良く聞かれるようになりました。

しかし、みなさんは「そもそも契約なんてしない。将来的に契約をすることはあっても、今の自分には関係ない。」と思っていませんか?

では、本当にみなさんは契約とは無関係に生活しているのでしょうか。
例えば、コンビニで買い物をする、電車やバスに乗る、友達に誕生日プレゼントをあげる、友達にお金を貸す、といったことは日常でよくおこなうと思います。
意外かもしれませんが、これらは全て契約です。このように、みなさんは全く意識していないかもしれませんが、「契約」はみなさんにとっても非常に身近なものです。無関係ではいられません。

5月21日(土)の模擬授業では、「え?それも契約なの?」と思うような身近な例を挙げながら契約の基礎を学び、「結局、契約って何なの?」ということを考えてみましょう。

え?それも契約?-契約の基礎を知ろう!

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響等により、内容を変更する場合があります。オープンキャンパスの最新情報は、本学受験生応援サイトにてご確認ください。

学部レポート

    PAGE TOP