お知らせ

合格者の声を更新しました(所沢市役所) vol.183

2022/04/29合格者の声

合格体験記(所沢市役所)

2021年度法学部卒業 川口 真衣
東京都・私立日本大学豊山女子高等学校 卒業

20220121.png

私は、利益を求めずに人の役に立つ仕事がしたいと考え、市役所職員を志望しました。

所沢市役所では試験が2種類あり、私は春の事務職試験を受験しました。これは人物重視の試験であったために、エントリーシートやプレゼンテーション、個人・集団面接、SPI試験など様々な視点からの試験でした。エントリーシートや面接では、正解がないからこそ、非常に悩みました。自分を見つめる必要もあり、自己PR内容を考える際には、自分の良い所に自信を持つことができなかったのですが、先生や友人に相談し、助けられながら進めることができました。また、民間企業の面接を受けていたことも、プラスに繋がったと感じています。

試験は計4日間、約5か月間にわたっておこなわれたのですが、SPI試験や集団面接の会場で他の受験生と会うたびに、周りがすごくできる人たちのように感じ、自信を無くしていました。しかし、内定者で集まった際に話をすると、みんな自分と同じように感じていたということが分かり、安心しました。

大学生活4年間の中で、コロナウイルスの流行という予想もしていなかった出来事もありましたが、それも含めて様々なことを経験できたこと、そこからの学びや思いが合格に繋がったのではないかと思います。



TOP