お知らせ

合格者の声を更新しました(宅地建物取引士編)vol. 154

2020/01/17合格者の声

合格体験記(宅地建物取引士)

法学部法律学科4年 新垣亮介
沖縄県立那覇西高等学校出身

 私は試験内容も分からずに受験を決めたので、まずはキャリアカレッジを受講することにしました。キャリアカレッジの授業はとても分かりやすいものでした。しかし、内容を覚えることがとても大変でした。この点が宅建で1番苦労するところだと思います。昨年3年生の勉強としては、キャリアカレッジを受講したうえでテキストと一問一答、過去問10年分を自主学習としてひたすら解きました。勉強時間にすると1日5~6時間、半年間毎日これを続けましたが不合格でした。これを踏まえ、今年の試験では勉強時間ではなく質の高い学習を心がけた結果、宅建も合格することができました。

 また、私は不動産関係の企業に就職する予定ですが、宅建士の資格は月2万円以上の資格手当がつく見込みです。
 最後にアドバイスとしては、本学の「資格取得講座 キャリアカレッジ」を受講することを強くおすすめします。実務に活かせるくらいの知識を身につけたいのであれば、独学では難しいところがあります。受講費用も外部の予備校より安く、受験料の補助が受けられ、テキストや問題集も支給されます。また、宅建に合格すると奨励金がもらえ、さらに単位認定される学部もあります。ぜひ在学中にチャレンジしてみてください。



TOP