お知らせ

合格者の声を更新しました(ビジネス実務法務検定編)vol. 153

2019/10/08合格者の声

合格体験記(ビジネス実務法務検定編)

法学部法律学科2年 福田涼馬
群馬県新島学園高等学校出身

20191008hou.jpg

 私の履修しているプレゼミナールは資格取得を目標とするクラスで、そこでビジネス法務検定3級を受験することになりました。

 そもそも私がこのゼミを選んだ理由は自分の将来の夢や進路が明確に決まっておらず、何もアクションを起こさずに大学生活の1年を無駄に過ごしてしまうと、周りの人たちと差がついてしまうと思ったからです。また自分に目標を作ることによって生活の質も上がると思いました。結果が形で現れる資格を取ることは、自分のモチベーションを高め、将来の役にも立つと考えていました。

 勉強方法はなにか特別なことをしたわけではありません。毎週の授業中に行われる小テストの勉強を週に1時間ほどし、試験が近づいてきたら過去問題を中心に勉強をしました。1番大切だったと思うのは、授業を集中して受けることです。問題を解いていると授業で扱った内容が出てきました。授業で聞いたことのある言葉や単語なので、もう一度出てきたときに頭にインプットしやすかったです。あとはただ問題を解くのではなく、その問題の意味や性質を理解しようとしながら解くようにしていました。そのように心掛けることで、少ない勉強時間でも効率よく覚えることができました。

 以上の勉強方法でビジネス法務検定3級に合格することができました。この試験は知識の絶対量が求められるものなので、勉強すれば必ず合格することができます。また勉強をして資格に挑戦するということに意味があるので、少しでもなにか資格を取りたいと思っている人がいたら是非受験することをおすすめします。



TOP