お知らせ

法学部新任教員のご紹介1:大澤傑 助教(政治学)

2019/04/29教員情報

 法学部では今年度、新たに3人の教員を迎えました。今回は、新任教員のお一人である大澤傑先生からの自己紹介と学生へのメッセージをご紹介します。

20190429law_01.jpg

 はじめまして。今年度から政治学や国際関係論などを担当させていただきます大澤傑です。

 突然ですが、皆さんは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」を観たことがありますか?この映画では1980年代から見た2015年のアメリカの様子が描かれています。その中で主人公の上司が日本人であることから、当時は日本が将来の世界経済のリーダーになると予測されていたと考えられます。また、主人公のライバルの悪役のモデルは不動産王ドナルド・トランプで、悪役が所有するホテルはトランプ・プラザホテルと酷似しています。

 現在からこの映画を振り返ると、日本経済は停滞し、かわって中国が台頭する一方、悪役のモデルとなった億万長者がアメリカ大統領に昇りつめるという想定外の状況が起きています。

 政治学とは、このような先が予測できないほど激変する社会を読み解くためのセンスを磨く学問です。なぜ現在の社会状況が生まれたのか、社会が抱える課題を解決するためにはどうすれば良いのか、政治学を学べばそのヒントが得られるかもしれません。また、政治学を通して、なぜその法律がつくられたのか、法律ができた結果、社会はどう変わったのかという法律の「前後」を捉え、法律への理解を深めることもできます。
 
 皆さんも「社会・政治問題の所在」や「社会を良くするための方法」について一緒に考えてみませんか?皆さんとともに学べることを楽しみにしています。

関連リンク


TOP