お知らせ

内定者の声が届きました '18(4)

2019/01/15内定者の声

 堀越高等学校の地歴科教員に採用が決まった4年生からメッセージが届いたので、ご紹介します。

法学部法律学科4年 深澤優稀
東京都私立堀越高等学校

20190115naitei_01.jpg

 私は、教師になりたいという夢を持って駿河台大学に入学し、在学中は教職課程を履修し、教師を目指して日々勉強してきました。

 勉強すると言っても、教職の勉強はとても範囲が広いため大変で、どこから何をすればいいのかを戸惑う時期もありました。そんな時に、同じ教職課程を履修している仲間がアドバイスしてくれたり、担当してくださっている先生がご指導してくれたおかげで、ここまでたどり着けたと思っています。

 また学生スタッフとして、大学の授業の補助した経験も、大きく成長できたきっかけになりました。教師になれば、実際に生徒の子どもたちに教えていかなければなりません。学生スタッフの経験があったおかげで、自分の授業も自信をもって行うことができるようになりました。

 4年生になってからは、志望動機の添削や面接練習などをキャリアセンターの職員さんにみてもらい、アドバイスをいただきました。毎回丁寧に対応していただき、的確なアドバイスをいただけるので、キャリアセンターに行くたびに成長することができました。

 最後になりますが、私は駿河台大学に入学し教職課程を履修したからこそ、教員になることができたと思っています。私自身の力だけでなく、教職の仲間や先生方、キャリアセンターの支えがあったからこそ教員になれました。自分の夢に向かって努力する中で、仲間や先生、職員の方々がそれをサポートしてくれます。だから皆さんも努力を続けて"夢"をあきらめないでください。一人でも多くの学生の"夢"がかなうことを祈っています。



TOP