お知らせ

合格者の声を更新しました(警察官編)vol.113

2017/03/06合格者の声

埼玉県警察官合格体験記

法学部法律学科4年 知久凌雅

埼玉県私立浦和実業学園高等学校出身

20170305law_01.jpg 私は幼い頃から警察官、消防官に憧れており、大学に進学したことをきっかけに、受験を決めました。まず初めに、警察・消防の様々な組織のパンフレットやホームページなどを見て、自分が本当に行きたいところを探しました。

 1年生の頃から公務員受験対策の授業に参加してはいましたが、試験勉強を本格的に始めたのは、3年生になってからでした。周りに比べて本格的な勉強を始めるのが遅く、焦りがありましたが、数的処理を中心に取り組み、社会系の科目も勉強しました。そして、3年生の終わりが近づいてきたころ、埼玉県警察の説明会などに参加してモチベーションを上げ、勉強にラストスパートをかけました。

 また、一次試験の対策は1人でできても、二次試験の面接対策は1人でできるものではありません。駿河台大学のキャリアセンターでは面接対策をしっかりしてもらえるので、何度も面接練習をしてもらい、とにかく場数を踏みました。埼玉県警察は集団討論もありますが、大学ではこの対策も行ってもらえます。面接と集団討論は、練習を行うほど本番での緊張が格段に和らぐので、何度も練習をすることを薦めます。

 最後になりますが、これから受験をするみなさんへ。公務員試験は準備期間も長く、対策すべきことはたくさんありますが、キャリアセンターや先生、友人など周りに頼りになる人々がたくさんいますので、困った時は頼ってみてください。きっと力になってくれます。もちろん過去の合格者達からのアドバイスも、キャリアセンターや大学ホームページで閲覧できますので、それらも役に立つと思います。応援しています!頑張ってください! 




TOP