お知らせ

2016年度「学部デー」を実施しました(3)――飯能日高消防署見学

2017/03/16学部行事

法学部教授 菊田秀雄

 法学部1年次生のための学外見学企画「学部デー」で、今年度も飯能日高消防署を見学しました。当日は、現役の消防職員さんが説明してくださり、心肺蘇生の講習会も行われ、有意義な一日となりました。以下に、参加した学生の感想を紹介します。

20170316law_01.jpg

法学部法律学科1年 布川拓磨

群馬県立西邑楽高等学校出身

 今回の学部デーで、私は飯能日高消防署見学に参加しました。飯能日高消防署は埼玉西部消防組合に属しており、埼玉県南西部を中心として、所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市に5本署14分署を有し、非常に広範囲にわたる活動を行っています。

 初めて消防署を見学したのですが、まず印象に残ったことは、消防隊員の方々は挨拶を含めた態度がきびきびとしていることでした。消火活動や救急活動に携わる上で、普段の行動からしっかりとしていることが必要だということが理解できました。私たちがお話を伺っている最中にも緊急出動が入り、隊員の方々が迅速に行動する様子を目の当たりにしました。現場の緊張感を肌で感じることができ、貴重な体験ができました。

20170316law_02.jpg

 消防署見学の初めとして「煙体験」をしました。煙が充満している部屋に入り、真っ暗な中で出口を目指すという体験でしたが、入った瞬間、数センチ先も分からずすぐに壁に当たってしまいました。これが実際の火災現場なら自分は助からなかっただろうと恐ろしくなりました。消防隊員の方のお話では、火事では煙を吸い込んで死んでしまうことが最も多いそうですが、煙は比較的上の層に固まるため、姿勢を低くして空気の層を進むのだと教わりました。

 次に「地震体験」で震度7の揺れを体感しました。椅子も手すりもしっかり固定されていたので耐えられましたが、実際はそう簡単にはいかないだろうと感じました。隊員の方々は、震度5以上の地震があれば休日であったり、寝ているときであっても招集がかかるそうです。

 消防車を見学させていただき、最後に「心肺蘇生の仕方」「AEDの使用法」について学びました。私は初めての経験だったので難しそうに感じましたが、隊員の方に丁寧に教えていただきました。AEDに関しては機械のいうとおりに落ち着いてやれば、それほど難しくありませんでした。万一の場合にも、この体験が役に立てばよいと思いました。

20170316law_03.jpg



TOP