お知らせ

2016年度「学部デー」を実施しました(1)――飯能市役所見学

2017/01/12学部行事

 法学部では毎年秋学期に、1年次生が学外施設などを見学する「学部デー」を行っています。今年度も11月22日(火)に、「学部デー」が実施されました。それぞれの訪問先を訪れた引率の先生と参加した学生から、報告が届いていますので、順次ご紹介いたします。第一回は、飯能市役所見学です。

法学部教授 北原仁

 参加者は、市役所入口の横に設置された西川材でできたウッド・デッキに集合したのち、本館4階の市議会議場を見学しました。その後、別棟に移動し、飯能市の人口の推移、地域活性化の取り組みについて、担当職員の方から映像を用いた説明を受けました。さらに、本学出身の4名の市役所職員との間で質疑応答がなされました。

20170112law_01.jpg

法学部法律学科1年 浅川司

山梨県立北杜高等学校出身

 市役所の仕事というのは、私が想像していたものを大きく上回るものでした。市役所職員の方は皆さん、飯能について詳しいということも印象に残りました。

 飯能市は、全世代が楽しめる、女性や子供に優しいまちづくりをしていて、そのような事業に活発に取り組んでいる様子が分かりました。また、飯能を知ってもらうための取り組みとして、アニメ・ツーリズムやエコ・ツーリズムを行なっています。これは、人口目標を達成するための対策にもつながっているとのことでした。

 お話をうかがって、公務員になるために一番大切なことは、コミュニケーション能力を養うことだとわかりました。そのために職員の先輩方から、アルバイトやサークルでたくさんの人と関わり、話し、知識を得るよう活動するとよいとアドバイスを受けました。私もコミュニケーション能力を伸ばしていかなければと感じました。

20170112law_02.jpg



関連リンク

  • 学部デーの紹介

  • 

    TOP