お知らせ

内定者の声が届きました '16(9)

2017/03/29内定者の声

 不動産業を営む「東邦ハウジング株式会社」に就職が決まった4年生からメッセージが届きましたので、ご紹介いたします。

法学部法律学科4年 林洋介

屋久島おおぞら高等学校出身

駿台法律経済&ビジネス専門学校出身

20170329law_01.jpg 私は、これまで法学部生として学んできたことと、以前に取得した宅地建物取引士の資格を活かして社会に貢献したいという思いから、不動産業界を志望しました。

 しかし、いざ就職活動を始めると上手くいかないことが多く、落ち込むこともありました。特に、不動産業界は面接重視の会社が多く、筆記試験に通っても面接で落とされることが少なくありません。筆記試験は個人で準備ができますが、面接対策は個人では準備に限界があります。

 そこで、就職対策の先生に相談して、受ける会社の特徴、その会社がどんな人材を欲しているのか、自分の強みの中で何をアピールすべきなのか等、入念に準備をして面接に臨むようにしました。その甲斐もあって、10月に入ってようやく、蒲田、川崎を拠点とする総合不動産会社への就職が決まりました。

 就職活動はお見合いのようなもので、なかなか決まらずに焦ることもありますが、諦めず粘り強く活動を続けることが大切です。上手くいかないときこそ、自分を客観視する為に、キャリアセンター等の相談できる場所を有効活用することをお勧めします。

 就職活動では、キャリアセンターの方々と就職対策の先生方に、大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。





TOP