お知らせ

7月24日オープンキャンパス模擬授業・もうひとつの予告編

2016/07/17オープンキャンパス

 7月24日(日)に、オープンキャンパスが開催されます。法学部の模擬授業の中身を、ちょっとだけお見せします。続きはぜひ、当日の模擬授業で!

大災害にかけつけろ! ~ 緊急消防援助隊の話 ~ ― 消防と法 ―

法学部准教授 倉島安司

 消防の仕事は、我々の身近にある行政の仕事の一つで、市町村が担当しています。ところが、東日本大震災をはじめとする大災害では、一つの市町村だけで対処することができないため、他の市町村の消防から多くの消防隊が応援にかけつけます。そのために作られた制度が、「緊急消防援助隊」です。

 今回の模擬授業では、この「緊急消防援助隊」について、制度の仕組みや実際の災害現場での活躍を見ていくことにしましょう。

 今回の話を聞くと、例えば熊本の地震にどうやって長崎や宮崎の消防隊が出動できるのか、被災地周辺の市町村からやってくる消防隊はどのように編成されるのが、現場での指揮はだれがとるのか、といったことがわかります。これで、明日からのニュースが、よりよく理解できるでしょう。

 さらに、どうして国には災害対策のための特別な消防隊がなく、各市町村の消防隊を編成して大災害の現場に派遣しているのか、その理由を考えていくと、地方自治というものがより深く理解できることでしょう。



TOP