お知らせ

2015年度「学部デー」を実施しました(8)――さいたま地方検察庁見学

2016/02/13学部行事

法学部教授 福田二郎

 さいたま地方検察庁と、さいたま地方裁判所を見学しました。検察庁では検事の仕事に関する説明を受けて施設の見学も行い、裁判所では実際の裁判を傍聴しました。学生たちと女性検事や裁判長の方との質疑応答も活発に行われ、有意義な時間を過ごしました。

20160213law_01.jpg

 今回私は、さいたま地方検察庁と裁判所に行きました。まず地検の方で検察官の方からお話を聞きました。私の最初のイメージでは、検察官とは少し近寄り難い、お堅いイメージがありました。ですが今回お話をお聞きした人は女性の検察官で、「検察庁の仕事」や「検察官の仕事」のことなどを、とても分かりやすく教えていただきました。今、実際に働いていて大変なことや検察官になる前の経歴などを聞いて、とても驚きました。今回、検察官の方のお話を聞くことができて、検察官という仕事が最初より身近に感じることができました。

 次に裁判所で裁判の傍聴をしました。私は初めて裁判を生で聞きました。手錠をされている被告や、目の前で繰り広げられている裁判など全てが生々しくて、とても衝撃を受けました。裁判が終わった後に、裁判官の方に聞いたお話は今も心に残っています。裁判とは、ただ人を裁くだけではなく、罪を起こした人をどのように更生させるかということも考えて判決を出しているそうです。
     
 私が今回聞いたこと、見たことはとても貴重な体験でした。法律を学ぶ上で、将来に役立つことを知ることができてよかったです。とても充実した学部デーになりました。

法学部法律学科1年 神林翼

新潟県私立新潟産業大学付属高等学校出身



TOP