お知らせ

法学部のゼミをのぞいてみよう!'16(6)-熊田ゼミ(都市論)―

2016/09/29授業風景

都市社会計画

法学部教授 熊田俊郎

 このゼミは都市政策をテーマとしています。ゼミ生は、ゼミ生個人のテーマとゼミ共通のテーマを決めて勉強しています。個人の研究テーマは、都市に関係があれば何でもよいとしていますので、政治、経済、地理、歴史などさまざまな視点で、建築、交通、オリンピックなどのイベント、福祉、文化などバラエティに富んでいます。

 今年の共通テーマは、良いまちとはどのようなところか、というものです。ジェイコブスという人が50年ほど前にアメリカで書いた本を読みながら議論をしています。ここで問題になっているのは、お互いに知り合いの多くにぎやかな下町と端正な郊外住宅地の比較です。本を読むだけではわからないので、実際の都市を見ながら議論するようにしています。

 下は都市計画図を片手に、大学近くにある大規模住宅団地の美杉台を歩いた時の写真です。都市計画図とは、土地の用途や建物の高さ、道路などの計画を地図にしたもので、市役所などが作成し配布しているものです。次は東京の下町である神田を歩く予定にしています。

20160929law_01.jpg



TOP