お知らせ

法学部のゼミをのぞいてみよう!'16(1)-選択演習(消防官クラス)-

2016/06/29授業風景

 昨年度法学部では、さまざまな講義を紹介してきましたが、今年度は法学部の先生方に、担当しているゼミを紹介してもらいます。

 法学部では、2年次に将来の希望進路によってビジネス資格コース、警察・消防コース、法職・公務員コースから1つのコースを選択するカリキュラムになっています。このカリキュラムに対応した少人数の演習(ゼミ)が2年次の選択演習です。この選択演習には、警察官クラス、消防官クラス、法科大学院クラス、行政職公務員クラス、資格取得クラスがあり、それぞれの試験対策に精通した教員による希望進路に応じたきめ細かい指導が行われ、共通の目標をもった仲間とともに切磋琢磨しています。

 今回は、この選択演習のうち消防官クラスについて紹介いたします。

法学部准教授 倉島安司

 駿河台大学法学部では、将来公務員試験や資格試験などを目指す学生のために、進路に応じたいくつかのゼミを「選択演習」として開講し、2年次生の時に選択してもらっています。そのうち私が担当している消防官クラスは、消防官を目指す法学部の2年次生のほとんどが履修しているゼミです。

 このゼミは基本的に、警察官志望者を集めた選択演習警察官クラスと、進行を合わせて行っています。まずゼミの前半では、警察官・消防官採用試験の第一関門である教養試験対策のために、特に知能系の問題を中心に、毎回15問の問題練習をしています。試験結果はすぐに集計され、ゼミ生たちにメールで伝達されます。

 ゼミの後半では、消防官クラス独自のさまざまな取り組みをしています。例えば論作文の練習をしたり、模擬面接を行ったり、班を組んで消防官の仕事について調べたりしています。また秋学期には、ゼミ生一人一人と個人面談を行い、消防官採用試験に向けての意欲を高めるとともに、自分の将来について改めて真剣に考える機会を提供しています。

 このゼミを履修するゼミ生には、将来消防官になるための最初の一歩を、確実に歩みだしてほしいと願っています。

20160629law_01.jpg



TOP