お知らせ

合格者の声を更新しました(行政書士編)vol.71

2015/03/04合格者の声

 法学部では、本年度も、難関資格である行政書士試験の合格者を輩出しました。合格者からの合格体験記をお届けします。

法学部法律学科4年 杉山拓也

埼玉県立三郷高等学校出身

駿台法律経済専門学校出身


20150304law_01.jpg  私は駿河台大学と同じグループである駿台法律経済専門学校から3年次に編入してきたのですが、専門学校でも勉強していた法律知識をより深めるため、また法律系の資格をさらに取得するため、行政書士試験に合格することを編入後の目標にしました。

 行政書士試験は、本試験があるのが11月ですが、私は5月から勉強を開始し、夏休みの始まる8月から本格的に勉強をしていきました。具体的な勉強方法ですが、テキストと条文を読み込んで、過去問と問題集を解く作業をひたすら繰り返しました。たしかに暗記も必要ですが、それ以上に理解することが大切だと思っていたので、理解できるまでは同じ部分を何度も繰り返して勉強していました。個人的な事情として私は通学時間が長かったので、電車の行き帰りの車内でも勉強していました。

 本試験ではゼミで勉強した民法の知識が大変役立ちました。その結果、合格基準点(300点中166点)を8点上回る点数を取ることができ、合格しました。

TOP