お知らせ

私の学生生活を振り返って

2015/03/31その他

本年度の法学部卒業生を代表して、総代の小池壱長さんからのメッセージを紹介します。

法学部法律学科4年 小池壱長

群馬県立高崎商業高校出身


20150330law_02.jpg 大学生活は、自身の意欲や考え方によって大きく変わってくると思います。学習の為の様々な施設が整っているほか、それぞれの分野に精通した多くの教員の方々がおられるなど、大学には自分を成長させるためのこの上ない環境が整っています。だからこそ私は、その恵まれた環境の中で目標を持ちながら日々過ごすことに努めてきました。

 私は行政法のゼミに所属していましたが、そこで得られたものは行政法の知識だけではありませんでした。何より印象に残っていることは、物事に対する考え方や捉え方、様々な角度から物事を見ることの重要性を教わったことです。これらは社会人としても不可欠の資質だと思いますので、この「財産」を最大限活かしていきたいです。

 就職活動の際は戸惑う場面も多く、進路決定までに時間がかかってしまいました。それでもキャリアセンターの職員の皆さんなど大学の方々の支えもあり、最終的には納得のいく形で終えることができました。

 今後は駿河台大学の卒業生としての自覚と責任を持ち、社会人として努力していきたいと思います。



TOP